「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

写真拡大


執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

何でも他人のものはよく見えることを喩えて、「隣の芝生は青く見える」といいます。

このような羨望や嫉妬の心理はどのようなものなのか、また、どうすれば羨望や嫉妬に縛られずに済むのか、そんなことを考えるヒントをご提供したいと思います。

羨望と嫉妬:その意味

羨望とは、「自らがもたない優れた特質、業績、財産などを他者がもっている時に起こる、それらへの渇望」と定義されています。

つまり、他の人が良いものをもっていることが羨ましい、自分も欲しいと思う感情が羨望です。加えて、少々深読みをすれば、そんな良いものを他人は持っているのに自分は持っていないという、「自分自身を低く評価する」ことも、他人への羨望の裏側にはあるでしょう。

これに対して「嫉妬」は、人間関係において生じる感情です。

たとえば、自分の愛する人が、自分ではなくて誰かほかの人を愛している場合、自分の愛する人が愛している人を「ねたむ」というのが、典型的な嫉妬です。羨望と嫉妬とはこのように同じものではありません。

でも、羨望が嫉妬に変わっていくことはあるでしょう。羨ましいがねたましいに変わっていくと、その対象を破壊してしまいたいなどといった衝動に駆られることもあるでしょう。

どうして「隣の芝生が青くみえる」?

何かや誰かを羨ましいと羨望するとき、そこには、現実に優れた属性(能力・業績・容姿・財産など)がある場合と、次に述べるような思い入れが絡む場合とがあります。

苦労が見えていない


野球のイチロー選手を羨ましく思う心理には、イチロー選手が現実にどれだけ苦労を積み重ねているかを知らなくて、いわゆる結果のいいとこ取りをしていることもあるでしょう。

遠くから眺めている


たとえば、富士山は遠くから眺めると綺麗ですが、近くに行くとゴミの山など、世界遺産登録抹消の危機もささやかれているそうです。


このように、現実にはさまざまな良い点と悪い点があっても、遠くから眺めているとよい面しか見えず、羨望の的になることがあります。

自分に自信がない


相手をうらやむ気持ちの背後には、自分への自信のなさが潜んでいると先述しました。

謙譲を美徳とする私たちの思考は、悪くすると、相手がよくて自分はダメといった、羨望という色眼鏡ではじめからものを見る危険もあります。

ですから、最初はすごくできる人に見えたのに、しばらくつき合ってみると、つまらない人だとわかったなどといった、ゆがんだ人物評価をしてしまうことも、時折、起きる話ではないでしょうか。

羨望への対処

羨望も嫉妬も、比較的強い、持続的な感情である場合が多いでしょう。嫉妬深い人は粘着質でくどいかもしれません。

羨望や嫉妬に取り込まれてしまうと冷静を欠いてしまうこともしばしばあるのが難儀なところです。ですから、対処法といっても「そんなの無理だよ!」と思われるのを覚悟して、いくつか挙げてみましょう。

相手を攻撃するのはやめよう


羨望が強くて持続している時、それに耐えかねて相手への攻撃へと行動化(アクト・アウト)したくなる衝動に駆られることもあるでしょう。でも、やめましょう。

非現実的な認知を正そう


現実的な羨望は、相手が優れているとか魅力的といった、それなりの現実・事実があるわけですが、勝手な思い込みから羨望している場合は、何より「現実を見つめる」ことから始めなくてはいけません。

比較するのはやめよう


相手と自分を比較して羨望する場合、その背後に自分へ自信のなさがあることを先述しました。この場合、自己中心的な自己愛(selfish)ではなくて、自分を慈しむ自愛(self love)が、羨望や嫉妬に燃える自分を救ってくれるでしょう。

自分の気もちに負けないようにしよう


羨望や嫉妬といった強い感情は、振り回されたり、現実が見えなくなったりする質の悪い状態に自分を追い込みます。しかも、すぐには解き放たれないことも多々あります。

ですから、そんな情念に負けないで、じっと耐えて、時が感情をやわらげてくれるのを待たなければいけないこともあるでしょう。


<執筆者プロフィール>
山本 恵一(やまもと・よしかず)
メンタルヘルスライター。立教大学大学院卒、元東京国際大学心理学教授。保健・衛生コンサルタントや妊娠・育児コンサルタント、企業・医療機関向けヘルスケアサービスなどを提供する株式会社とらうべ副社長


<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供