怖っ! コレだけは許せない「彼氏の裏切り」5選

写真拡大

世界で一番自分のことを愛してくれ、一番の味方であるはずの彼氏。それが「思わぬ裏切り」をしてくると「もう二度と恋愛なんてしたくない!」なんて絶望的な気持ちになることもありますよね。今回は、これだけは許せなかった彼氏の裏切りを、働く女性たちに教えてもらいました。

■「好き」「結婚しよう」の言葉がウソ

・「好きだから付き合ってって言われて付き合ったのに、すぐに好きじゃなかったかもと言って振られたこと」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚しようと言われ、その気でいたが、入籍日2日前に婚約破棄された」(26歳/医療・福祉/専門職)

「好き」や「結婚しよう」という言葉は軽々しく口にできる言葉ではないのに、簡単に口にできてしまう男性も……。単なるその場しのぎで、愛のセリフを口にしないでほしいですよね。

■貯金をしていなかったこと

・「自分はコツコツ貯金していたのに、俺は貯まるときには一気に貯まるからと、お金を貯めてなかったとき」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「婚約時に貯金があると言っていたのに、実際はなかったこと」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

婚約中に判明してガッカリしてしまうのが、彼氏のこんな裏切り。あるはずの貯金がなかったと判明したり、一緒に貯めていたと思ったら彼は貯めていなかったり……、彼氏を信用できなくなりそうです。

■自分のことを信じてくれなかったこと

・「私の嫌いな友だちの話を信じて別れを告げられた」(25歳/その他/その他)

・「アルバイト先の人との付き合いを浮気だと思われ、待ち伏せをされたこと」(26歳/医療・福祉/専門職)

一番信じてほしい彼氏から疑われるなんて、今まで2人で築いてきた絆は一体……と呆然としてしまいますよね。

■実は、ほかに本命の女性がいたこと

・「実は二股で、自分のほうが浮気相手だったこと。すごく衝撃でした」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「一番だよと言っておきながら、既婚者だったこと」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

「自分にまさかこんなことが……」と衝撃を受けるのが、彼氏だと思っていた人が実はそうではなかったとき。遊びで近づいてきていると先に気づければ、のめりこむことはなかったのに! と思ってしまいますよね。

■彼氏がまさかの犯罪行為!?

・「盗聴器を仕掛けられてたこと! ホントにふざけんなってなった(笑)」(22歳/医療・福祉/専門職)

・「財布からお金を盗まれた。犯罪なので許せない」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/クリエイティブ職)

彼氏としてというよりも、人間として裏切られたように感じるのがこんなとき。自分の男を見る目のなさにもガッカリしてしまいそう。

■まとめ

自分にとって一番の味方で、誰よりも愛してきた人が「まさかの裏切り」をしてくると、すべてのことにガッカリして恋愛恐怖症になることも……。今気づいてよかったと思い直し、時が心を癒やしてくれたら、負けずに次の恋を探しに行きたいものですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月16日〜12月19日
調査人数:120人(22歳〜34歳の働く女性)