大発会1月4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発、前営業日比479円79銭高の1万9594円16銭で取引を終えました。今後の展開はどうでしょうか。

 大発会1月4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反発、前営業日比479円79銭高の1万9594円16銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストは、日本時間5日午前4時公表予定の、利上げが決定された12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録に注目します。

 ドル/円はこの約3週間、1ドル=116円〜118円台半ばのレンジで上下動を繰り返す状態が継続。八代さんによると、前日3日の海外時間に118円台半ばまで上昇する場面もありましたが、結局117円台まで押し戻されており、「議事録がレンジの上限を抜けるきっかけになるかどうか。118円台半ばをしっかりと超えた場合、テクニカル面からドル/円への上昇圧力が強まる可能性があります」。

 日経平均にとってドル/円の上昇はプラス材料であり、日経平均が一段高を試す可能性もあるそうです。

(オトナンサー編集部)