ウンザリっ! 「ケチな男性」が言いがちなこと・6つ

写真拡大

初デートのときに食事代をきっちり割り勘されると、なんとなくその男性のことをケチに感じますよね。初デートくらいは気前の良いところを見せてほしいもの。ではそんな「ケチな男性が言いがちなこと」とは? 働く女性のみなさんに教えてもらいました!

■割り勘ね!

・「勘定は割り勘。自分だけたくさん飲んで割り勘という男性にはせこさを感じるし、ケチだと思う」(27歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「『割り勘ね』。割り勘自体は全然良いけど、『ちょっと多く払うよ』くらいは言うだけ言ってほしい」(31歳/医療・福祉/専門職)

やはり多かったのが「割り勘ね!」という言葉でした。相手の方が多く食べているのに割り勘だと不公平に感じるし、女性としては少しくらい多めに払ってほしいですよね。

■クーポン探そう!

・「クーポンあるかな?とかすぐにお得情報を探す!」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「外に食事やお茶に行ったとき、必ずクーポンを探そうと言う」(35歳/ソフトウェア/技術職)

ケチな男性の定番と言えば「クーポン探そう!」という言葉ですよね。少しでも安く済ませたいと思って、飲食店に入る前にクーポンを探しまくる姿はちょっとせこいかも……。

■もったいない!

・「もったいないが口癖。ものが捨てられない」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「もったいない。もったいない精神も度が越えると、ケチになる」(26歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

「もったいない!」という言葉も、ケチな男性が言いがちですよね。もうボロボロになっている靴下を履き続けるなど、度が過ぎると「倹約家」ではなく「ケチ」に見えてしまいます。

■これ高くない?

・「ご飯屋さんとかで、これ高くない?という人」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「ご飯食べにいく話をしてもすぐ『そこ高くない?』とかケチをつける」(35歳/ソフトウェア/技術職)

飲食店に入るときに「ここ高くない?」と言うのも、ケチな男性の特徴と言えそう。料理の味や物の品質よりも「どれだけ安いか」を基準にしている人は、値段だけでものごとを判断しそうですよね。

■こないだおごったよね!

・「何々をおごったとか、後で言う人」(28歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「おごってあげたこととかを覚えてて、いちいち言ってくる」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

「あのときおごったよね!」など、いつまでも恩着せがましく言ってくるのは、ケチな証拠ですよね。こういう男性は別れるときに「今までお前にいくら使ったと思ってるんだ!」ということを、平気で言いそうです。

■こんな驚きエピソードも!

・「電話に出たら、『ゴメン、かけなおしてくれる?』って言ってくる」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「のどが渇いたと言ったら、どこどこの自動販売機が100円以下で買える。と言って連れていかれた」(35歳/その他/販売職・サービス系)

電話に出たら「かけなおしてくれる?」や、喉が渇いたときに「100円以下で買える自販機がある」と言われた、というエピソードも! ここまで徹底されると、ケチすぎて付き合うのがイヤになりそうですね。

■まとめ

「ケチな男性が言いがちなこと」として、割り勘やもったいないなどさまざまな言葉が挙げられました。どれも「絶対に損をしたくない!」という気持ちがにじみでているものばかりです。倹約家な男性は好ましいものですが、何事にも限度というものがありますね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数201件(25歳〜35歳の女性)