BEAST、会社設立以来初のファンミーティング「777パーティー」開催

写真拡大

BEASTのユン・ドゥジュン、ヨン・ジュンヒョン、ヤン・ヨソプ、イ・ギグァン、ソン・ドンウンがAround USエンターテインメントを設立してから準備した初のファンミーティング「777パーティー」が2回に渡って開催された。

彼らを待ってきたファンの気持ちを物語るかのように販売開始から2分でチケットが完売となり、公演開始前からその熱気が伝わってきた。ベールに包まれていた「777パーティー」はスロットマシンの777、つまりジャックポットに当たることを形象化したカジノコンセプトで「デビュー7周年を迎えたメンバーらが新しい会社、そしてファンと共に2017年に幸運を迎える」という意味が含まれている。

「777パーティー」の幕を開けたソン・ドンウンはディーラーとして登場し、今回のイベントのメインMCとして約2時間半の間、司会進行の腕前を披露した。これはファンと新たな出発を祝う場であるだけに直接準備したいという彼の情熱が作り出した結果だった。

最初はメンバーの近況が公開された。引越しした個人の作業室の写真を公開したヨン・ジュンヒョンは「席が良くて良い曲をたくさん作ることができる」とし、新しいアルバムへの期待を高めた。この他にもユン・ドゥジュンはキャラバンキャンプにハマッたと言いながら「1泊2日」の撮影を連想させるほど自由な姿が写った写真を公開し、笑いを誘った。

この日の「777パーティー」ではパーティーという名前にふさわしく、ファンのために様々なゲームが準備された。カジノのコンセプトに合わせ、それぞれメンバーらは商品をファンに与えるためにチップをかけてゲームに参加し、特に“執念の勝負師”と紹介されたユン・ドゥジュンは「部位王を探せ」コーナーで眉毛が素敵な男1位に選ばれ、全てのチップを獲得した。これに対し、2位だったソン・ドンウンは未練が残っている様子で何度も投票の結果を再検討してみたという。

この他にも唇、足首など様々な部位でトップになるためメンバーらは激しい接戦を繰り広げた。大胆なチップベッティングおよび貸し出しコントまで続き、パーティーの雰囲気はより一層盛り上がった。

しかし、何よりファンたちが長い間待ってきたのは5人の男の素敵なステージだった。ヤン・ヨソプのソロで始まった「Lightless」のステージを通じてそれぞれメンバーらは客席に登場し、ファンとさらに近いところで触れ合うことができた。ファンへの彼らの愛情が伝わってくるステージだった。続けてヤン・ヨソプは3日、ミュージカル「その日たち」アンコール公演に合流するというニュースを伝え、近いうちファンに感性溢れる歌声を聞かせてあげると知らせた。

ファンへの愛情はステージの上だけではなかった。ファンとより一層様々な方法でコミュニケーションするため公演会場のチケットブースにファンレターポストを設置したメンバーは休みの時間にずっとファンレターを読んでファンを大切にする姿をアピールした。公演前に楽屋で緊張した様子を隠せなかったイ・ギグァンもファンレターを受けてすぐ大笑いした。ファンミーティングのVCRの中の一つである「リボンタロ」映像の内容のように前世に“サランクン(恋人に夢中な人の意味)”だったイ・ギグァンらしい姿だった。

また、メンバーは2016年のカウントダウンをファンと一緒にし、2017年の新たな出発を告げた。NAVER「V」アプリを通じて公演に来られなかったファンも一緒にすることができ、さらに意義深い場になった。メンバーらは2017年を記念するケーキの前で祈り、これから始まる一年の覚悟を固めた。

今回の「777パーティー」はもっぱらファンのためのメンバーらの心がそのまま伝わってくる公演だった。多事多難な一年は終わり、幸運を迎えた新年からは花道だけを歩くメンバーらのこれからの活動に注目が集まっている。