『人生でチャンスをつかむ女性の10の法則 』プルデンシャル生命 チーム「Make a Chance(メイク ア チャンス)」(著)プレジデント社刊

写真拡大

「女性たちがチャンスをつかみ、活躍するためには?」
そんなテーマのもと、キャリア支援や企業ブランディングのプロと、プルデンシャル生命保険が手を結んで立ち上げた「Make a Chance Project(メイク・ア・チャンス・プロジェクト)」。
プルデンシャル生命で活躍する女性ライフプランナーたちに調査とインタビューを行った結果、女性がチャンスをつかんで輝くための「成功法則」が見えてきました。営業職はもちろん、あらゆる職種・ポジションの女性にとって成長のヒントとなる「10の法則」を、5回に分けてご紹介します。

■法則(3)昨日の自分より、1ミリ前に出る

「今の自分は本当の自分ではないような気がする」「もっと違う自分になれる気がする」という想いを抱いていても、具体的に何をすればいいかわからない人も多いようです。チャンスをつかんだ女性たちは、大胆なチャレンジに踏み切らないまでも、日々少しずつ成長を積み重ね、いつの間にか大きく前進していたりします。彼女たちは、前に進むためにどんな行動をしているのでしょうか。

◆矢澤千絵さんの場合

「手帳に、気になっていることをすべて『書き出す』ということを習慣化しています。例えば、『ウォーキングする』『スマホを見る回数を減らす』『7月はこの目標を達成する』『こうしなければいけない、と考えない』など。仕事のこと、生活のこと、特にテーマを決めることなく、思いついたことをランダムに書いています。自分は何が気になっているのか、『見える化』することが大事。客観的に自分を見つめ直すことで、次の目標に向けて動き出しやすくなります」

◆江森陽子さんの場合

「まず、自分が目指したいイメージを『カッコかわいい』に設定。そんな自分になるために、ファッション、メイク、ヘアスタイルといった外見のほか、知識・教養を磨くために何が必要かを洗い出してみました。次に、それらにかかる費用を算出。ファッションに年間**円、美容に年間**円、書籍やセミナー受講費に年間**円、といったようにです。こうして、何に対してどれだけの自己投資をするか、具体的な数値目標に落とし込んだことで、実行に移しやすくなりました」

■法則(4)できない理由を裏返すと、できる方法が見つかる

優秀なビジネスパーソンであっても、困難に遭えば「できない理由」を探してしまうこともあります。

しかし、異なるのはその次のアクション。不安を抱えながらも、その不安を冷静に受け止め、上手に対処しているのです。「できない理由」に逃げ込まず、まずは動いてみることが大切。動いているうちにできる方法が見つかることもあります。そうして成功している女性たちの声を聴いてみると……。

◆矢澤千絵さんの場合

「営業の仕事なのに、実は人と会って話をするのはもともと苦手なんです。お客さまに会いに行くときも、『こう言われたらどうしよう』と、ついついマイナスの想像をしてしまう。そこで、テーマや課題を箇条書きにしたアジェンダを用意して、お客さまに見せながら話をしています。文書にまとめることで自分の頭を整理できますし、お客さまも課題を箇条書きで見せられると、それらをすべて解決したくなり、『最後まで話を聴かなくちゃ』という姿勢になります。結果、口頭で話す以上の成果につながることもあります」

◆重松和佳子さんの場合

「ライフプランナーになったばかりの頃は、主に個人の、それも平日の昼間に働いているお客さまを対象に営業活動を行い、実績を挙げていました。相手も仕事を持っているため、商談のアポイントが取れるのは平日の夜間か土日が中心。『今のままのスタイルでは、子どもを育てながら仕事を続けていくのは難しい』と考えました。そこで、アプローチの対象を法人にシフト。企業経営にまつわる保険について経営者に提案を行う営業活動に転換したのです。これなら訪問は平日のみ、会社の営業時間中なので、家庭生活を優先できます。体制を整え、今年、第1子を出産しました」

※本連載は書籍『人生でチャンスをつかむ女性の10の法則』(プルデンシャル生命 チーム「Make a Chance」著)からの抜粋です。

(プルデンシャル生命 チーム「Make a Chance」)