映画「シングルライダー」主演イ・ビョンホンのスチールカットを公開“深みのある眼差し”

写真拡大

イ・ビョンホンが映画「シングルライダー」で感性溢れる熱演を予告した。

4日、「シングルライダー」側は「2月に韓国公開を確定した」と明かし、スチールカットを公開した。

イ・ビョンホンの感性溢れる姿が印象的なスチールカットだ。イ・ビョンホンは1人で食堂に座って考え込んでいるような姿だ。眼差しだけでも深みのある感情を表現しており、視線を釘付けにする。

彼は「バンジージャンプする」以来、16年ぶりにウェルメイド感性ドラマで帰ってきた。関係者は「演技のマスター、イ・ビョンホンの演技力が爆発する作品だ」と伝え、期待を高めた。

さらにコン・ヒョジン、元Wonder Girlsのソヒとの共演で一味違うケミ(相性) を披露する予定だ。

「シングルライダー」は、証券会社の支店長として安定した人生を生きていた男性が、不良債権事件の発生後、家族を探してオーストラリアへ消え衝撃的な秘密を知るようになるストーリーを描いた作品だ。

映画「密偵」のWARNER BROS.が制作する2作目の韓国映画で、制作段階から俳優らが絶賛した完成度の高い脚本を通じて、驚くべき結末を見せてくれる予定だ。「シングルライダー」の脚本と演出を務めたイ・ジュヨン監督は、ストーリーテラーとしての才能、長い間広告界で鍛えてきた演出力で、注目すべき女性監督の登場と2017年最も強烈なデビュー作を予告した。

「シングルライダー」側は、「韓国映画としては初めてほとんどのシーンをオーストラリアでロケ撮影を行った。エキゾチックな風景による美しい映像、完成度で勝負するウェルメイド話題作になるはずだ」と自信を示した。