リオ五輪メンバーのMF原川力、鳥栖に期限付き移籍…川崎F加入初年度の昨季J1で4試合出場

写真拡大

▽サガン鳥栖は4日、川崎フロンターレからMF原川力(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。加入期間は2017年2月1日〜2018年1月31日までとなる。

▽ユース時代から育った京都F.C.でキャリアをスタートさせた原川は、昨年から川崎Fでプレー。しかし、出場機会に恵まれず、明治安田生命J1リーグ4試合の出場にとどまった。先のリオ・デジャネイロ オリンピックではU-23日本代表メンバーに選出。グループステージの1試合に出場した。

▽鳥栖に期限付き移籍することになった原川は、両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆サガン鳥栖

「サガン鳥栖に移籍することになりました原川力です。チャンスを与えてくれたサガン鳥栖の勝利のために全力でプレーしたいと思います!」

◆川崎フロンターレ

「サガン鳥栖に移籍することになりました。いろいろな思いを感じた1年間でしたが、自分の成長に繋がった1年間だったと感じています。また成長して戻ってこれるように頑張ってきたいと思います。これからもよろしくお願いします。スタジアムでフロンターレのサポーターの皆さんに会えることを楽しみにしています」