映画「京城81号」が公開されて人気となっているバロック様式の朝内大街81号院は、これまで多くの映画ファンや探検愛好家たちの間で注目されてきたが、同院の安全性の問題から一時修繕工事が行われた。

写真拡大

映画「京城81号」が公開されて人気となっているバロック様式の朝内大街81号院は、これまで多くの映画ファンや探検愛好家たちの間で注目されてきたが、同院の安全性の問題から一時修繕工事が行われた。

【その他の写真】

このほど、修繕工事が完了した朝内81号がお化け屋敷としてオープンするといううわさがネット上で広まったが、取材に訪れると、古かった建物は真新しく改装されていた。ただ、人の住んでいる気配はなく、関係者によると「関係部門による検査を受けた後で、一般に貸し出す予定だ。お化け屋敷としてオープンする予定はない」ということだった。(提供/人民網日本語版・編集/TK)