【アラサー乙女必見】雑誌「りぼん」60年の歩みを振り返る! 特別企画盛りだくさんな記念展が東京スカイツリーで開催されます♪

写真拡大

少女漫画雑誌「りぼん」を無我夢中で読んでいたという “りぼんっ子” のみんなー! 新年のスタートは東京スカイツリーに集合、だよーっ!

2017年1月9日から3月31日までの期間、東京スカイツリーで開催される、「りぼん」創刊60周年を記念した一大企画『250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE』♪ 最初から最後まで、どっぷり「りぼん」の世界に浸れるこの機会、見逃したら損ですよぉ!!

【エレベーターに乗った瞬間から旅は始まります】

会場へと向かう “天望シャトル” と呼ばれるエレベーターから「りぼん」一色。アラサーりぼんっ子にはたまらない名作のシーンがよみがえる “はじまりの予感” 映像が流れています。

さらに、エントランスに到着すると、人気作品のヒロインたちが一堂に会したオリジナル「りぼん」の表紙デザインと懐かしい過去の表紙のフォトスポットが。また、地上450mへと向かう、天望回廊内にも『天使なんかじゃない』や『姫ちゃんのリボン』の名シーンが描かれているそう。

【望遠鏡をのぞくとキスシーンが!】

また、会場に窓辺にある望遠鏡をのぞくと各作品のキスシーンを見ることができるという仕掛けもあるそうで、胸キュンでしかありませんっ。

そのほか、各作品の表紙に入り込んだような写真が撮れる「なりきり!フォトスポット」や、近頃あちこちで目にするAR(拡張現実)を活用したアプリでヒロインになりきれる仕掛け、さらには60年分の「りぼん」の表紙デザインを並べた「りぼんライブラリー」などなど、お楽しみが盛りだくさん。

【あの頃手にした付録に出会えるかも?】

かつて “りぼんっ子” だった私が特に「見てみたい!」と思ったのが、80年代から90年代の付録や応募者全員サービスのアイテムの一部を展示する「ふろくコレクション」です。まさにこの時期に「りぼん」を読んでいた身としましては、ぜーったいに見逃せない。懐かしさに身もだえてしまうに、違いない……!

【名作にちなんだオリジナルカフェメニューも登場】

そして、腹ごしらえは、名作にちなんだ限定オリジナルメニューがずらりと並んだカフェ「SKYTREE CAFE」で決まり☆ 

東京スカイツリー天望デッキと天望回廊、さらに付録風のオリジナルグッズも付いてくる特別企画入場券の価格は税込み3700円とのこと。

詳細は参照サイトをチェック、元・りぼんっ子仲間を誘って、わいわい出かけてみてはいかがでしょうか。

参照元:集英社、東京スカイツリー
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る