カーダシアン一家で2番目に稼いだ末っ子カイリー・ジェナー instagramより

写真拡大

19歳のリアリティースターのカイリー・ジェナーが、2016年度カーダシアン一家の中で2番目に稼いだことが分かった。

カイリーは2007年から両親と姉コートニー、キム、クロエ、ケンダルらと一緒にリアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」に出演。姉たちに比べるとあまり目立たなかった末っ子カイリーであったが、2014年に唇を太くしたことで大ブレイク。2015年にはリップスティックのコレクション「Kylie Lip Kit」を発売し、即完売になるほど大ヒットした。現在はほかの商品も加えて「Kylie Cosmetics」というメイクブランドで成功を収めている。

そして、経済誌「フォーブス」が30歳以下で活躍する若者を、ジャンルごとに30人選出した「30 Under 30」を発表。カイリーは「リテール&eコマース」の部門の30人に唯一10代で選ばれた。一年で家族の中でキムの次に稼いだという。

「フォーブス」誌は昨年11月にキムが1年で5100万ドル(約59億6700万円)稼ぎ、カイリーが1800万ドル(約21億600万円)稼いだと発表していた。カイリーは現地時間3日にインスタグラムに「フォーブス 30 under 30……ありがとう」と投稿している。

まだ10代のカイリーは将来、キムを越す存在となることが期待できそうだ。