画像

写真拡大

 Supership、アップベイダー、Socketの3社は、Supershipを存続会社として合併する。効力発生日は2017年2月1日(予定)で、消滅会社となる2社が提供するサービスは、引き続き利用が可能。

 Syn.ホールディングス子会社のSupership、動画広告プラットフォームの開発・運営配信サービス提供のアップベイダー、スマホ向け接客プラットフォーム「Flipdesk」の開発・運用のSocketは、Supershipを存続会社として合併することを発表した。

 効力発生日は2017年2月1日の予定。なお、消滅会社となる2社が提供しているサービスは、引き続き利用が可能。

 これまで3社はSupershipの広告事業領域を中心に連携し、事業を推進してきた。合併によって、Supershipとして成長や競争力の強化と、新サービスの提供を目指す。

MarkeZine編集部[著]