「花郎」ZE:A ヒョンシク、Araに甘える“僕、病人だ”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
ZE:AのヒョンシクとAraが再会した。

韓国で3日に放送されたKBS 2TVドラマ「花郎」では、自らを病人と言ってアロ(Ara) の看護を求めるサムメクジョン(三麥宗、ヒョンシク) の姿が描かれた。

同日、アロはピ・ジュギ(キム・グァンギュ) に頼まれて花郎たちを治療することになった。話を聞いて現れたサムメクジョンは「本当に君だったんだ」と驚いた。アロが急いで兄の行方を尋ねるとサムメクジョンは「君は兄のことしか知らないのか?」と愚痴をこぼした。

サムメクジョンは「ついてきて。君がここにいるのは大丈夫じゃない」と言い、アロを静かな庭に誘った。また「僕が怪我しているのが見えない? 病人だ、僕」と主張し、アロの背中に身を寄せた。当惑するアロにサムメクジョンは「昼に襲いたくなるほど眩しく綺麗なわけでもないし」と冗談を言った。