ハーディのオスカーノミネート
をめぐって賭けをした結果… 写真:Lumeimages/Camera Press/アフロ

写真拡大

 「レヴェナント 蘇えりし者」で共演したレオナルド・ディカプリオとトム・ハーディが、ハーディの助演男優賞ノミネートをめぐり、ある“賭け”をしていたことがわかった。

 UK版エスクァイア誌のインタビューで、ハーディが明かしたもの。ディカプリオはハーディがノミネートされるほうに、ハーディ本人はその逆に賭け、“罰ゲーム”は、勝者の選んだデザインのタトゥーを入れるというものだったが……。

 ハーディはノミネートを果たしたが、賭けには負けてしまった。ディカプリオから手渡されたふせんには、「レオはすべてお見通し(Leo knows everything)」と書かれていたが、ハーディが気にしたのは言葉の意味ではなかったという。「手書きの字が汚すぎて、『いいぜ、そのタトゥーを彫るけど、きれいに書いてくれよ』って感じだったよ」。

 家族や過去の恋人たちにまつわるものから、ハリウッドで活躍するチャンスをもたらしてくれたエージェントの名前まで、すべてのタトゥーに思い入れがあるというハーディ、ディカプリオの“格言”は「ひどいデザインだから、まだ入れていない」そうだ。