April、新曲「春の国の物語」MVを公開…成熟した少女たち

写真拡大 (全2枚)

純粋な姿が魅力的な清純アイドルAprilが、今回はさらに成熟した魅力で人々に会った。冬にぴったりの感性で、変わらない妖精のような魅力をアピールしながらファンのもとに戻ってきた。

Aprilが4日0時、3rdミニアルバム「Prelude」を発売した。タイトル曲「春の国の物語」はこれまでのAprilの雰囲気とは違う魅力で、新しいコンセプトだ。

「春の国の物語」はApril特有の純粋な感性が溶け込んでいるが、これまでの曲とは違う。これまでのAprilの音楽が若い少女たちの感性に焦点を合わせた可愛いコンセプトだったとすれば、今回はより成熟した少女たちだ。初恋の淡い感性が子供っぽくなく、純粋で綺麗に表現された。

この曲は特有の童話のような雰囲気も漂わせる。Aprilは元々童話的なイメージが強いグループではあるが、子どもたちの童話ではなく、少女の切ない恋により集中した。愛らしく、また成熟に成長した少女たちがさらに綺麗だ。

Aprilの今回のアルバムは、メンバーのチェギョンとレイチェルが合流して初めて発売するアルバムとなる。再び6人組になったAprilの新しい魅力を見ることができる。チェギョンとレイチェルの合流によってさらに豊かで完成度が高くなったAprilだ。チェギョンとレイチェルがこれから見せる活躍も楽しみだ。

1月ガールズグループ大戦にメンバーを補充し、新しい勝負をかけたApril。成長した少女たちの魅力的な音楽で、人々をどのように魅了するか注目したい。