「浪漫ドクターキム・サブ」25.1%で番組史上最高視聴率を記録…ハン・ソッキュの大賞効果?

写真拡大

俳優ハン・ソッキュの「2016 SBS演技大賞」での大賞受賞が効いたのだろうか。SBS「浪漫ドクターキム・サブ」が番組史上最高の視聴率を記録した。

4日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると韓国で前日に放送された「浪漫ドクターキム・サブ」は全国視聴率25.1%を記録した。

これは前話が記録した22.1%より3.0%上昇した数値であり、番組史上最高の視聴率である。これまでの番組史上最高視聴率は昨年12月13日の第12話が記録した23.8%だった。

同日の「浪漫ドクターキム・サブ」で、キム・サブ(ハン・ソッキュ) はシン会長(チュ・ヒョン) の手術を行った。しかし、シン会長の意識が戻らず、緊張感を高めた。

一方、同時間帯に放送されたKBS 2TV「花郎」は8.0%、MBC「不夜城」は4.7%の視聴率をそれぞれ記録した。