彼氏を「嫉妬させよう」として失敗するパターンって?

写真拡大



たまには彼氏から嫉妬されたり、ヤキモチを焼かれたりもしたいものですよね。

ただ、嫉妬させようとして、わざと変な行動を取りすぎてしまうと、彼氏を怒らせてしまうこともあるので注意は必要でしょう。

そこで今回は、彼氏を「嫉妬させよう」として失敗するパターンを紹介します。

■1.他の男と「親しげに話す」

「他の男と親密にしてばかりいると、さすがに浮気だって疑っちゃいますよね」(28歳/男性/アパレル)

「なんかイチャイチャしながら他の男と話してると、軽い女にしか見えなくなります」(26歳/男性/インストラクター)

コレは意外と多くの女性がやりがちなこと。わざと他の男性と親しげにして、彼氏にヤキモチを焼かせたいのでしょうが、やりすぎるとただの浮気に見えてしまいます。他の男性のことを必要以上に褒めたりすると、嫉妬というよりもイラ立たせてしまう可能性の方が高いです。愛が深まるどころか、ふたりの関係におかしな溝ができてしまうかもしれませんよ。

■2.「モテるアピール」をする

「色んな男から言い寄られているとか聞くと、束縛するようになっちゃうかもしれない…」(27歳/男性/飲食)

「モテるアピールとかされると、なんかナメられてるような気がして腹が立ちますね」(30歳/男性/調理師)

「他の男性に言い寄られた」なんて聞いたら、彼氏としてはモヤモヤしてしまうもの。彼女を取られないようにと大事にするようになるかもしれませんが、あまりにも自慢をするような話し方をすると、不信感を抱かれてしまう可能性が高いです。なんだか試されているかのように感じさせてしまうので、信頼を失いかねませんよ。

■3.「連絡する回数」を減らす

「急に連絡の回数が減ったりすると、俺に気がなくなったのかなって感じちゃいますね」(27歳/男性/IT)

「LINEを送っても返事が来なかったりすると、他に男ができたのかと思っちゃいます」(28歳/男性/食品)

あえて連絡の回数を減らしたり、あえてなかなか返事をしないようにする。よく耳にする恋愛の駆け引きではありますが、浮気を疑われてしまう危険性もあります。連絡は適度なペースを保たないとお互いのストレスになります。無理やり減らそうとしても、いい方向には向かいませんよ。

■4.他の男に「気があるフリ」をする

「他の男に気があるようなことを言われると、もういいよって気にもなっちゃいますよね」(27歳/男性/WEBデザイナー)

「わざと他の男にも気があるフリとかされると、本当にうっとうしくなっちゃうだけ」(29歳/男性/商社)

コレはさすがにやってはいけない駆け引きです。他の男性に気があるような素振りを見せられたら駆け引きをしようとしているのが見え見えなので、本当にうっとうしいと感じる男性が多いもの。しつこく何度もそんなことをされたら、「じゃあ、その男と付き合えよ」なんて言われてしまうことだって、十分にあり得ますよ。

■おわりに

「嫉妬させる」ことで、恋が盛り上がることもあるでしょう。ただ、程ほどにしておかないと、逆効果になってしまいます。面倒な女だとも思われて関係を損なわないように、やりすぎは厳禁ですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)