3日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の東北新幹線の新型車両について紹介する動画記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は新幹線。

写真拡大

2017年1月3日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の東北新幹線の新型車両について紹介する動画記事を掲載した。

動画では、秋田新幹線「こまち」や東北新幹線「はやぶさ」が映っている。動画の撮影者は「はやぶさ」と「こまち」が連結した新幹線に東京駅から乗車したと思われるが、ホームから撮影した「こまち」の外観や、走行中の車内から外の景色の様子、車内の様子などが写っており、仙台駅で下車して終わっている。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「清潔できれいだ」
「やっぱり日本は進んでいるな」
「覇気がある。さすがは高速鉄道技術の先駆者だ」

「空気がきれいそうだ。スモッグがない」
「乗務員の態度がいいな。一礼してから車両を出ていく」

「日本の塗装技術に学ぶべきだ。日本の塗装技術は1流だ」
「外国の塗装はどうして中国よりきれいに見えるのだろう」
「乗車率が低すぎはしないか?」

「この先頭形状は醜すぎる」
「中国の車両ほど見た目がよくはない」
「どう見てもアヒルのくちばしをした怪物にしか見えない」

「ごみだな。中国高速鉄道が一番だ」
「中国ほど揺れが少なくはなさそうだ。窓を見れば分かる」
「走行速度、騒音、座席の間隔のすべてにおいて中国高速鉄道に及ばないが、座席の快適性では日本の新幹線の方が良さそうだ」(翻訳・編集/山中)