昨年12月世界ジュニア選手権団体で日本は男女アベック優勝した

写真拡大 (全4枚)

 リオ五輪で大活躍した日本チーム。なかでも卓球は男女ともにメダルを獲得し、大きな注目を浴びた。さらに12月に行なわれた卓球世界ジュニア選手権で、日本が男女ともに世界一になったことは日本だけでなく、卓球の世界で絶対的な強さを誇る中国でも驚きをもって報じられた。卓球世界ジュニア選手権を現地で取材したライターの高樹ミナさんが、2020年東京五輪で中国を破り金メダルを獲る可能性について解説する。

 * * *
◆顕著だった2016年のジュニア世代の活躍

 2016年は卓球の当たり年だった。とりわけジュニア世代の活躍が目立ち、「みうみま」の愛称でおなじみの平野美宇(JOCエリートアカデミー)、伊藤美誠(スターツSC)の高校1年生コンビは脚光を浴びた。特に伊藤は2月の世界卓球選手権団体銀メダルに続き、15歳(現在16歳)にしてリオ五輪に出場。福原愛(ANA)、石川佳純(全農)とともに団体銅メダルを獲得し、一気にスター選手の仲間入りを果たした。

 平野も控え選手に甘んじた悔しさをバネに、リオ五輪直後の10月には米フィラデルフィアのワールドカップで史上最年少優勝。世界王者の中国勢は出ていなかったものの、その他の強豪選手に勝った実績が高く評価された。その証拠に2016年シーズンに活躍が顕著だった選手に贈られるスター・アワードで平野は新人賞を受賞し、授賞式の会場となったカタール・ドーハから、真っ赤なドレスを着た愛らしい平野の晴れ姿が日本中に報じられた。

 若い世代の活躍はこの二人だけにとどまらない。シーズンを締めくくるITTFワールドカップ・グランドファイナルでは、みうみまと同い年の早田ひな(希望が丘高校)が2つ年上の浜本由惟(JOCエリートアカデミー)とのダブルスで優勝。さらに、みうみまの1つ年上の加藤美優(吉祥寺卓球倶楽部)も年末の世界卓球代表選考会で優勝し、5月29日〜6月5日に開催される「2017世界卓球選手権デュッセルドルフ大会(個人戦)」の出場権を一番乗りで手に入れた。

 日本卓球界の黄金世代と呼ばれるこの年代はまさに群雄割拠。ちなみに男子でも弱冠13歳の張本智和(JOCエリートアカデミー)が昨年12月、南アフリカ・ケープタウンで開かれた世界ジュニア選手権シングルスで史上最年少優勝し、この大会で日本は男女団体でもアベック優勝を果たした。

◆世界ランキングではわからない本当の実力

 こうなると楽しみになってくるのが2020年東京五輪での金メダルだ。日本卓球界の長年の悲願である打倒中国も現実味を帯びてくる。だが、圧倒的な強さを誇る中国の牙城をそう簡単に打ち崩せるものだろうか? このモヤモヤを解く鍵は東京五輪世代の勢力図にある。とりわけ世界との実力差が拮抗している女子に目を向けるとヒントが見えてくる。

 例えばわかりやすいところで、「U18(18歳以下の部)」の世界ランキングを見てみると、昨年12月時点のトップ6は、なんと日本人選手が占めている。順位は1位の伊藤を筆頭に平野、浜本、早田、橋本帆乃香(四天王寺高校)、加藤という顔ぶれ。これに対し中国の最上位は王曼─淵錺鵐泪鵐罅砲9位だが、あいにくこれは本来の実力を示すものではない。なぜなら現在17歳の王曼┐話羚颯献絅縫∪ぢ紊離─璽垢抜待され、世界ジュニア選手権のタイトルは2014、2015年にとっくに制覇。2016年は出場せず、その時期は中国で真っ盛りのプロリーグ「中国超級リーグ」で主力として活躍していた。

 昨年10月中旬から約1カ月間、中国超級リーグに参戦した平野がこの王曼┐搬仞錣靴討い襪ストレート負けを喫し、自身のSNSに「ワンマンユ強かったなぁ。このままでいかん」と書き込みをしている。王曼┐妨造蕕挫羚颪離肇奪彖手は技術やパワーもさることながら戦術に長けており、平野も帰国後、「中国の選手は対応力がすごい。他の選手ならずっと通じる戦法も、すぐに慣れて対応してくる」と証言している。

 また選手層の厚い中国では、若手にワールドツアー出場のチャンスが回ってこない事情もある。そのため王曼┐眄こΕ薀鵐ングは低く、一般の部に至っては61位に低迷している。ちなみに日本人の最上位は石川の5位。伊藤は9位、平野は11位だ。1位はもちろん中国人選手。リオ五輪金メダリストの丁寧(ディンニンもしくはテイネイ)である。さらに2〜4位も中国人が占めている。

 これらの要素は一例に過ぎないが、ここ最近の日本の飛躍がそのまま打倒中国に直結するとは限らないことがわかるだろう。ただし、世界ナンバーワンの丁寧に昨年4月のリオ五輪アジア予選で伊藤が勝つなど、中国の背中を捕らえつつあるのも事実。しかし、中国以外のアジア勢や欧州勢の若手も伸びてきており、日本のライバルはもはや中国だけではなくなってきている。この現実を踏まえ、日本は中国勢のいない大会を取りこぼさず優勝することが必須。それなしには打倒中国の悲願成就、ましてや2020年東京五輪の金メダルは見えてこない。