28日、パトカーがタイルを運んでいる写真がネット上に掲載され、公用車を私的に使っていると問題視されている。

写真拡大

2016年12月28日、銭江晩報によると、パトカーがタイルを運んでいる写真がネット上に掲載され、公用車を私的に使っていると問題視されている。批判を受け、警察当局が釈明のコメントを発表した。

書き込みによると、24日正午ごろ、浙江省杭州市余杭区で、警察車両とみられる車に作業員らしき人々が大理石製化粧タイルなどの建築資材を次々に積んでいたという。ネット上では「いったいどういうことだ」「これは規則上どうなんだ」と疑問や批判が噴出した。

問題視されていることを受け、杭州市公安局余杭分局は、「問題となっている車両は同分局の車両に間違いない」としつつ、「12月16日で廃車手続きがとられ、所有権は区の資産処理会社に移っている」とし、タイルなどの資材を積んでいたのは、車両を回送していた運転士が勝手にしたことだと釈明。

運転士の家はちょうど改修工事をしている最中だったが、工事に使う化粧タイルを置く場所がなかった。回送する車両はバンタイプで、職場を一時的なタイル置き場にしようと思っていた運転士は渡りに船と、タイルなどを載せ、運ぼうとしているところを写真に撮られ、ネット上に掲載されてしまったのだという。

地元政府機関は、廃棄する公用車を私的に流用することは禁じられているとし、公安機関は調査を継続しているとするが、ネット上では批判的な見方が絶えない。「こんな言い訳、どう信用しろと?」「廃車にしたら普通には走行できないけど、そこはさすが警察車両だ」「どう見ても廃車にする車両じゃない」「もし犯罪に使われていたら、大変な事態になっていた」「利益のつながりがこれで明らかになったな」などの意見が寄せられた。(翻訳・編集/岡田)