3日、インドネシア当局は12月31日の不法移民に対する「襲撃」で中国人の女76人を逮捕した。逮捕された人の中には性産業従事者もいるという。写真はジャカルタ。

写真拡大

2017年1月3日、国際在線によると、インドネシア当局は12月31日の不法移民に対する「襲撃」で中国人の女76人を逮捕した。逮捕された人の中には性産業従事者もいるという。

1日付のジャカルタ・ポスト紙によると、インドネシア出入国管理局のユールド・サレ氏は「18歳から30歳までの若い女性の一部はカラオケ店で勤務中に逮捕された。彼女らは無責任な当事者による人身売買の被害者だ」と説明した。当局は中国の旅券や避妊薬などを押収したという。有罪判決を受けた場合、罰金や国外追放、懲役刑などに処せられることになる。(翻訳・編集/柳川)