いまの職場で働くのがツラすぎで、「彼氏さえいれば結婚して辞められるのに」とモヤモヤしている人もいるのでは? 仕事がしんどいのと彼氏ができないのって、両方あると本当にツラいですよね。転職? モテ活? もはや何から手を付けたらいいのか、人生に悩むこともあると思います。


そんなときに知っておきたい、お悩み解消法について考えていきましょう!

仕事と彼氏ナシの両方で悩むとツラい!


いまの仕事がツラくて「辞めたいな」と思うとき、その先について転職と結婚を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。現状、付き合っている人がいるなら、その人との将来について具体的に考えることもできますが、彼氏がいない場合、いつ結婚できるかって未知数ですよね。

かといって、労力をかけて転職した先が今よりいい会社かどうか、出会いがありそうかは行ってみないとわからないし、転職活動中の経済的な不安もあります。今すぐ高収入のイケメンが現れて告白してくれるのが一番いい解決法……なのでしょうか?

結婚すればぜんぶ解決する!?


いつ彼氏ができるか分からないけど、「結婚すれば仕事を辞められるのにな」と思う人は少なくないはず。ただこのご時世、「絶対に結婚後は専業主婦になりたい!」と思うと、自ずと彼氏候補を年収でバッサリ足切りすることになってしまいます。

好条件な男性にはすでに彼女がいる場合がほとんど


認めがたいことですが、高収入の優しいイケメンには、原則的にすでに彼女がいると思いましょう。たまたま彼女と別れたところに遭遇できたらよほどラッキー! 
ですが、仕事がツラいばっかりに焦って「いい条件」の男を追いかけるよりも、自分がずっと一緒にいたいと思える相手を着実に見つけるほうが、長い目で見れば幸せへの近道な場合も。

働くことも視野にいれる


一緒にいてお金の苦労が絶えないような男性を選ぶのは考えものですが、ある程度は自分も働くことを視野に入れるだけで、彼氏候補の数は増えるはず。彼氏が欲しいと心から思っている人は、いい出会いを見過ごしてしまわないようにしましょう!

転職のほうが現実的。だけど不安……


白馬の王子様を夢見るのはいったん置いておくとすると、まずは現実的な解決として「転職を考えよう!」ということになります。ネットで求人情報をチェックするところまではするものの、そこから先の行動には大きな勇気がいりますよね。ここから先は、低リスクに職場環境を変える方法を紹介します。


低リスクポイント1.部署異動でプチ転職


いまの仕事がツラい原因が厳密にはどの部分なのか、ちょっと掘り下げて考えてみましょう。もし、仕事内容そのものがキライなのではなく人間関係がキツい場合、同じ会社のなかでできるプチ転職の方法があります。

たとえば退職ではなく、部署異動を願い出てみるという方法もあるのでは? 部署を超えて人脈を広げたり、異動希望先の責任者とコンタクトをとってみる。新しい出会いに刺激を受けたり自分の会社の知らなかった業務に気づくことだってあるかもしれません。
NHK出版・編『10パーセント脱力生活 ココロ篇』(2007年2月、NHK出版)

今まで勤め先でやってきたキャリアやノウハウを活用しながら新しい環境で働けますし、勤続年数も途切れません。転職するけど転職しない、いいとこ取りな方法です。

低リスクポイント2.転職するなら計画的に


「もういまの会社はムリ!」と感情優先で仕事を辞めてしまうまえに考えたいポイントがあります。

今の会社を完全に辞めてから次の職場を探すことは、絶対に避けましょう。今の会社より有利な条件で転職できるとは限りませんし、いざ失業してなかなか転職先が見つからないと、焦ってしまい、「働ければどこでもよい」という気持ちで就職活動をすることになります。
NHK出版・編『10パーセント脱力生活 オカネ篇』(2007年2月、NHK出版)

もとの会社を辞めちゃってから仕事探しをすると、失業保険がもらえたとしてもやっぱりなかなか落ち着いた気持ちで仕事を探すのは難しいもの。貯金が減っていくことへの危機感や本当にいい会社が見つかるかという不安から、新しい勤め先も焦った気持ちで決めたくなりがちです。

次の会社に内定してから、今の会社に退職願を出す。ここさえ外さなければ、じっくり条件をチェックしながら本当に働きたい会社に、失業や貯金ゼロの不安なく移れます!

大好きな恋人と一緒にいられたら、仕事への気持ちも変わるかもしれないし、仕事がおもしろくなってくると彼氏探しは早さより質に考え方が変わることもあるかもしれません。ぜひ今回のポイントを参考に、自分にぴったりの幸せを見つけてください。
(由井妙)