2日、台湾の民進党が昨年1月の総統選と立法委員(国会議員)のダブル選挙で他党を圧倒する中、昨年末にインターネット上で行われた「2016年最も後悔したこと」投票で、「民進党に投票」を選んだ人が最も多かった。写真は台湾総統府。

写真拡大

2017年1月2日、台湾の民進党が昨年1月の総統選と立法委員(国会議員)のダブル選挙で他党を圧倒する中、昨年末にインターネット上で行われた「2016年最も後悔したこと」投票で、「民進党に投票」を選んだ人が最も多かった。中国台湾網が伝えた。

台湾・中時電子報によると、投票は台湾の大手掲示板サイト「PTT」で行われた。「民進党に投票」「告白」「株式投資」「恋人との別れ」「転職」「住宅購入」「出産」「結婚」などの選択肢の中で、最多得票は「民進党に投票」の1万2068票(59%)だった。「告白」が2180票(11%)、「株式投資」が1951票(10%)で続いた。(翻訳・編集/柳川)