“献身性”と“結果”の両立…岡崎慎司に憧れる滝川第二の「9番」山田裕也

写真拡大

「岡崎さんでもシュートを打つと思った」。滝川第二高校の「9番」を背負うFW山田裕也は、大先輩である日本代表ストライカーと自分の姿を重ねた。そして、チームに勢いをもたらす先制ゴールを挙げ、“エース”としての務めを果たした。

 岡崎慎司(レスター)が同校在学時につけた「9番」を継承する山田は、これまで事あるごとに岡崎と比較されてきた。

「僕はダイビングヘッドとか飛び込むプレーがあまり得意ではなくて、ビビって飛べなかった時とかにチームメイトやスタッフから、笑いながらだけど『岡崎さんだったら点が入ったのに』と言われることがあった」

 岡崎を尊敬する山田にとって、比較されることは自分を奮い立たせる原動力。「(比較されて)注目されることが多くなるのでうれしい。でもその分、活躍もしないといけないし、岡崎さんの名前に恥じないプレーをしないといけないと思っている」

 3日に行われた第95回全国高校サッカー選手権大会3回戦の佐賀東高校戦。開始直後の2分にビッグチャンスが訪れた。右サイドに進入した辻本竜から中央の山田へクロスボールが上がる。

「クロスが少しズレたけど、岡崎さんでも絶対にシュートを打つと思ったし、コーチからも『気持ちを込めて打ったシュートは絶対に入る』と言われてきた」

 山田が思い切りよく右足を振り抜くと、鮮やかなボレーシュートがゴールに突きささった。この先制点を皮切りに、滝川第二はその後4点を追加。5−0の完勝でベスト8進出を果たした。

 この試合で松岡徹監督が定めたチームのテーマは「総合力」。2回戦から中0日で行われる試合を全員の力で乗り切ろうというものだった。だが、2回戦の大分高校戦(6−0)で守備に奔走し、ノーゴールに終わった山田は、指揮官から「点を取らないと前半で替える」と個人的に発破をかけられていた。

 チームの勝利を最優先に考えた上で、「絶対に試合に出たかった」山田のお手本となったのも岡崎だ。

「岡崎さんもレスターで、自分を犠牲にしてでも前線から守備をして走っている。チームのために頑張れば、神様が見てくれていると僕は信じる。だから、チームのためにプレーをしながら結果も出していきたい」

 チームへの忠誠心が一番にあるからこそ、結果がついてくる。岡崎が示すストライカーとしての在り方が、山田の目指す形だ。彼の姿にならってチームの勝利を最優先に考えたからこそ、チャンスが訪れ、決定力を発揮できた。

「岡崎さんは選手権で6点取っているので、僕はその6点を目標に、そして追い越せるように頑張りたい」と先輩超えを目指す山田。次戦は埼玉スタジアム2002で行われる準決勝進出をかけ、前橋育英高校と対戦する。

「埼スタが目の前だけど、そこでおごって油断して、スキを与えたら負けてしまう。絶対に油断せず、ワンプレー、ワンプレーに気持ちをこめた試合をしたい」

『ひるまず、おごらず、はつらつと』。岡崎も胸に刻む滝川第二のモットーのとおり、山田はチームのために、泥くさく戦い抜く覚悟だ。

文=平柳麻衣