1

ZOZOTOWNといえば、4412ブランドものアイテムを公式に取り扱う国内最大級のファッション通販サイトです。そんなZOZOTOWNでは、自分の好きなブランドの洋服を購入するだけでなく、着なくなったブランド古着を買取ってもらう「ブランド古着買取サービス」なるサービスも存在します。着なくなった洋服がたくさんあるという人や近所に買取りを行ってくれる古着屋などがないという人にはピッタリなサービスになっているので、実際に使って取引にはどれくらいの時間がかかるのか試してみました。

ブランド古着買取サービス - ZOZOTOWN

http://sell.zozo.jp/



ZOZOTOWNの買取サービスを利用するには、上記URLにアクセスして「買取サービスを利用する」をクリック。



続いて「買取キットを申込む」をクリック。



すると、ZOZO IDでの申し込み、もしくは買取申し込みのために新規で会員登録を求められます。ZOZOTOWNユーザーはZOZO IDで申し込めばOK。



続いて以下のような画面が表示されま。ここにはZOZO IDに登録している自身の住所や連絡先などが表示されるので……



買取してもらう洋服の点数や大きさをもとに、それらの洋服を詰めるキットを選択します。今回は縦57cm×幅37cm×高さ27cmのダンボール(大)を1つにしました。



申込み内容やキットの届け先が正しければ「同意して内容を確認する」をクリック。



確認画面が表示されるので、申込み内容をもう一度確認して「確定する」をクリック。



これで申込みが完了します。申込みから2、3日で買取キットが届くとのこと。「お取引管理へ」をクリックすると……



取引の管理ページへ飛べます。



そして実際にウェブサイトから買取キットを申込んだ2日後、手元に以下のような巨大なダンボールが届きました。これが買取キットで、この中に売りたい洋服を詰め込んで発送すればOKというわけ。



買取キットにはダンボールの他に、左からダンボールを閉じる用のテープ、買取サービスのチラシ、買取サービス利用時の注意事項や買取できないブランドが書かれた紙が入っています。



買取キットが届いたらダンボールを組み立て、その中に売りたい洋服を詰めます。



最後に付属のテープでダンボールを閉じればOK。



発送の準備ができたら取引の管理ページへ飛び、「集荷依頼」をクリック。



「集荷希望日」「希望時間帯」「荷物の数」を選択し、集荷先の住所を選択。



最後に「確定する」をクリック。



これで集荷依頼は完了で、指定の日時に配送業者が荷物の集荷に来るので、あとは買取キットを渡すだけでOKです。「ZOZOTOWNに送るために伝票に住所などを書く」といったことも一切ないので、とても楽ちん。



集荷を済ませたら再び取引の管理ページへ飛び、「お振込口座:未登録」と表示されている赤枠部分をクリック。



ここでは買取金額を振り込んでもらう口座を登録します。上から必要な情報を入力して「確認する」をクリック。



登録情報が正しいか確認し、正しければて「確定する」をクリック。これで口座の登録も完了です。



あとは買取査定が終わるまで待てばOK。買取査定の状況は取引の管理ページに表示されるので、「お取引管理へ」をクリック。



取引の管理ページの「お取引管理」に買取状況が逐次表示され、集荷依頼をかけた段階だとこんな感じ。買取申込みを行ったのは11月6日で、集荷は11月9日に行われました。



そして集荷された買取キットがZOZOTOWN側に届いたのが11月11日。査定の完了予定日は11月19日と表示されています。



11月19日になると査定が完了。申込みから約2週間で査定金額がわかるようになりました。「査定結果」をクリック。



すると、買取キットに詰めた洋服の査定金額と査定金額の理由を説明する画面が表示されます。



アイテムごとに査定金額と、アイテムを売るか返却してもらうかが選べるようになっています。



また、汚れ・ダメージのある品物や、ブランド古着の通販・買取を行うZOZOUSEDで販売できないものは10円での買取となります。



アイテムごとに売るか返却してもらうかを選択し、「次へ進む」をクリック。



表示された取引内容でよければ「お取引を確定する」をクリック。



すると買取完了です。申込みから1ヶ月足らずで買取金額の振込みから、一部アイテムの返却まで完了です。



実際に使ってみたところ、古着屋などで売る際と査定金額自体はそれほど変わりないように思われるのですが、「実際の店舗まで行く必要が無い」「『やっぱり買取りやめます』が気軽にできる」「近くに古着屋がない人でも買取してもらえる」という利点を感じました。実店舗での買取のようなスピード感はありませんが、実店舗に行く時間がない人やそもそも近くに買取を行ってくれるような店舗がない人は1度使ってみても損はないかもしれません。

なお、買取できないアイテムや高価買取ブランド、査定金額をアップするためのポイントなどが以下のページに書かれているので、実際にサービスを使う前に読んでおくと良さそうです。

買取アイテムについて | ブランド古着買取サービス - ZOZOTOWN

http://sell.zozo.jp/item/#point