資料写真

写真拡大 (全2枚)

(台北 3日 中央社)台北地検は3日、台北松山空港(台北市)で旅行者らを狙って窃盗を重ねていた中国大陸籍の男2人を、盗窃の罪で起訴した。被害者の中には日本人や韓国人も含まれている。

警察によると、2人は観光目的で複数回にわたって訪台。昨年9月、6回財布などを盗み、その現金やクレジットカードを使って貴金属を購入していた。その後台湾を離れていたが、再入境を試みた際に逮捕されていた。

(劉世怡/編集:齊藤啓介)