カラダも心も温まる鍋は、この時期の必須レシピ。入れるだけで簡単にできる鍋用スープがスーパーにたくさん売られている中で、スープから手作りした鍋は、とても簡単にできるわりには、かなり料理上手をアピールできるのです。

今回は、彼ごはんを日々研究している筆者が開発した「男子ウケする“もつ鍋”」を皆さんに伝授します!

このもつ鍋のポイントは3つ。味の深みが断然違う「焙煎ニンニクと生ニンニクの融合」。そして、お店ではありえないほど惜しみなく「たっぷり入っている牛ホルモン」。全ての具材のダシが出たころに頂く「〆のラーメン」にあります。

そして、食べている間に「このスープ手作りしたんだよ♡」と言うことで株も上昇。ほとんど手間をかけずに、彼に感激してもらえる神レシピなのです。

 

■材料(2人分)

【スープ】
・水……3カップ
・しょう油……50ml
※ スープに入れるしょう油は、九州の甘口しょう油がベスト。無ければ味を見ながら、みりんや砂糖で甘みの調整を!
・みりん……50ml
・酒……50ml
・鶏ガラスープのもと……小さじ1
・かつおだし……小さじ1
・塩……小さじ1/2
・砂糖……小さじ1

輪切り唐辛子……適宜
ニンニク……適宜

牛もつ……400g以上
※ 白もつを中心に部位はお好みで。豚バラ肉を混ぜると味に深みが出ます。
キャベツ……1/3個
ニラ……1束

太めの中華麺……1玉
ネギ……適宜

 

■作り方


(1)キャベツは4cm角ほどの食べやすい大きさにザク切りにして、ニラは6cmほどの長さに切りそろえます。


(2)ニンニクを薄切りにして、フライパンに入れ、ニンニクにたっぷりのオイルをかけてから、焦がさないように時々まぜながら、弱火でじっくりとロースト。


いい色になったらキッチンペーパーにあげます。(フライパンに残ったオイルはガーリックオイルとして他の料理に使いましょう!)

(3)鍋に【スープ】の材料を入れ、キャベツと一口大に切った牛もつを入れて強火で軽く煮てアクをとります。

(4)もつに火が通ったら、上にニラを一列に乗せ、輪切り唐辛子とローストしたニンニクを適量散らします。

(5)ニラがしんなりしてきたら食べごろ。鍋をカセットコンロにうつし、生ニンニクをスライス又はおろしたものを薬味にあつあつを頂きましょう!

(6)具材を食べ終わる頃に、ゆでた中華麺を水でよく洗ってザルで水を切ったものを投入し、刻みネギを乗せて〆のラーメンを。ダシの旨味がたっぷりのスープがたまりませんよ!


筆者は、彼から「もうお店ではもつ鍋を食べられないよ!」と言われ、定期的に催促されるので作ってあげています。好きな男子には、美味しいものをどんどん食べさせて、離れられなくさせちゃいましょう!(彼ごはんレシピ研究家/アントニオ浩美)

【画像】

(c)Nosh

【関連記事】

※ 簡単♡彼が喜ぶガッツリおかず「卵とほうれん草のハムチーズタルト」【おもてなしレシピ#11】

※ 火なしで5分!濃厚「アボツナディップ&明太クリチディップ」【おもてなしレシピ#10】

※ フライパン1つで簡単♡「鶏むね肉 de 北京ダック風」【おもてなしレシピ#9】

※お鍋に放置で完成♡「ゆで豚の韓国風サンチュ巻き」【おもてなしレシピ#8】

※ 初心者さんでもラクラク簡単♡しっとり柔らか鶏ハム【おもてなしレシピ#6】