ケチくさっ……! 「器が小さい男性」に共通する6つの特徴

写真拡大

理想の男性を見つけるとすれば、できるだけ器の大きな人を選びたいと思うものではないでしょうか。あまりにもセコい部分を見てしまうと、付き合うのも躊躇してしまうことがありますよね。そこで今回は、「器が小さい男性」の特徴について、女性の見解を述べてもらいました。

(1)何でも割り勘にする

・「ご飯に行っても自分の方が飲み食いしたくせに完全割り勘。器が大きければおごってくれるから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「何でも割り勘にするようなケチなやつ」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

飲み会や食事会のときに、いつも割り勘を求めてくる男性もいますよね。基本的には男性のほうが飲み食いする量が多いので、多少は多めに出してほしいと願う女性も。当然男性がおごらなければいけないという決まりはありませんが、何でも割り勘となるとガッカリしてしまうのが女性の本音です。

(2)ケチ

・「とにかくケチ。絶対おみやげを買ってこない」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「ケチでおごることができない人はそう思う」(29歳/生保・損保/営業職)

ケチな男性ほど器が小さく見えてしまうものではないでしょうか。お金を使うことに、異様に反応する男性もいますものね。節約は大事ですが、使うべきときに出さないというのも考え物です……。

(3)すぐに怒る

・「すぐに怒る。イライラしてる。ちょっとした予定の変更などに対応できない」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「すぐに感情的になる。一方的にしかものを見られないから」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

ちょっとしたことで、すぐにイライラしてキレてしまう男性もいるもの。周囲にいる人が気を遣っていることにも気づいていないのでしょうね。感情的になってしまうのは、自制心のない小さい男性だからなのかも!?

(4)人のせいにする

・「何でもかんでも人のせいにする。自分は関係ないということにして、楽になりたいと思っていると思うから」(33歳/不動産/専門職)

・「どんな小さいミスでも相手に責任転嫁しようと躍起になっている」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

仕事でミスを起こしたときほど、男性の器の大きさは見えてくるものかもしれません。何でも人のせいにするような男性は、いうまでもなく器が小さいですよね。責任を負えるほどの度量がきっとないのでしょう。

(5)細かいことを根に持つ

・「過去の細かいことをいつまでも気にしている」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「細かいことをいつまでもネチネチ言い続ける」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

終わったことをいつまでも覚えていて、ずっと文句を言い続ける男性もいるもの。少しのことも許せない態度に、器の小ささを感じますよね。常に気持ちに余裕がない証拠といえるかもしれません。

(6)悪口を言う

・「人の悪口や愚痴を周囲に話す人。自分の中で消化できず、人に話してしまうのは、器の小さな人という感じがする」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「人の悪口を言ったりするのが考えられない」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

誰が言っても人の悪口を言うのは、あまり感じよく受け取られないものですが、これも器の小さい男性の特徴なのだとか。他人を認めることのできる男性と比べると……、悲しくなってしまいますね。

<まとめ>

自分のことだけを考えて、行動をしたり言葉を発する男性だと、器が小さく見えますよね。できれば、周囲のことも視野にいれた上で、行動をできるようになってほしいもの。器が小さいと思われて、得することは何ひとつありません。常に自分のことでいっぱいいっぱいになってしまう男性には、もう少し大人になってもらいたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日〜2016年11月28日
調査人数:102人(22〜34歳の女性)