ナム・ジュヒョク、ドラマ「ハベクの新婦」出演オファーを受ける…出演は未定

写真拡大

俳優のナム・ジュヒョクがtvN新ドラマ「ハベクの新婦」から出演オファーを受けた。

所属事務所であるYG ENTERTAINMENT関係者は3日、OSENに「ナム・ジュヒョクが『ハベクの新婦』から男性主人公役のオファーを受けたことは事実だが、まだ決まったことはない」と明かした。

「ハベクの新婦」は同名の少女漫画を原作とした作品で、「ハベクの新婦」のスピンオフバージョンのファンタジーラブコメディードラマであるという。

「ミセン-未生-」を手掛けた脚本家チョン・ユンジョンと「ナイン〜9回の時間旅行〜」「三銃士」などを演出したキム・ビョンスプロデューサーがタッグを組んだ作品で、早くもtvNの期待作として関心を集めている。

tvN「チーズ・イン・ザ・トラップ」とSBS「月の恋人」、MBC「力道妖精キム・ボクジュ」で演技力を身につけたナム・ジュヒョクが男性主人公の河伯役を引き受けることになるか、ファンから注目が集まっている。