リュ・ジュンヨル&キム・テリ&ムン・ソリ&チン・ギジュ、イム・スンレ監督作品「リトル・フォレスト」に出演確定

写真拡大

俳優キム・テリ、リュ・ジュンヨル、ムン・ソリ、チン・ギジュらが映画「リトル・フォレスト」で共演する。

3日、映画「リトル・フォレスト」(監督:イム・スンレ) 側は「イム・スンレ監督の次期作に、キム・テリ、リュ・ジュンヨル、ムン・ソリ、チン・ギジュなどのキャスティングが確定し、本格的な撮影準備に入った」と明かした。

リュ・ジュンヨルは「リトル・フォレスト」でへウォン(キム・テリ) の頼れる地元の友人ジェハ役を演じる。ふるさとに帰ってきたへウォン役のキム・テリと共に初々しいケミストリーを披露する予定だ。

映画「ザ・キング」「タクシー運転士」「沈黙」に続き、イム・スンレ監督の次期作「リトル・フォレスト」という韓国映画界の期待作でフィルモグラフィーを作っているリュ・ジュンヨルは、青春時代を彷彿とさせるマスクと、正しく善良な魅力で彼だけが表現できる、元気な青春のアイコン、ジェハというキャラクターを通して再び女心を鷲づかみにするだろう。

ある日突然、へウォンのそばから消えた母役はムン・ソリが演じる。へウォンの人生で一番大切な記憶になっている人物だ。ムン・ソリは「私たちの人生最高の瞬間」に続き「リトル・フォレスト」でイム・スンレ監督とタッグを組んで、再び名演技を見せる。

ドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」で大胆でハツラツとした演技でお茶の間を魅了したチン・ギジュはへウォンの親友ウンスク役でスクリーンデビューを果たす。

イム・スンレ監督は「ムン・ソリは自由で自分の哲学があり“母”という典型性から離れた母性を演じるに最適化された俳優だ。リュ・ジュンヨルは遇直でありながらも自分の味がある、若い農夫のイメージに相応しい俳優である。チン・ギジュは人工的でない自然な美しさと明るいエネルギーが良く、映画をともにすることになった。周りの風景とお互いの役割に調和できるナチュラルな魅力があるキャスティングで期待が高まる」と所感を述べた。

「リトル・フォレスト」は今年、本格的な撮影準備に入る予定だ。