SUPER JUNIOR シンドン、軍生活で辛かった出来事語る「母に電話をかけた時…」

写真拡大

グループSUPER JUNIIORのシンドンが理想のタイプや軍生活に言及した。

2日に放送されたMBCラジオFM4U「正午の希望曲キム・シニョンです」(以下、正午の希望曲)のコーナー「スペシャル招待席」では、先日軍服務を終え除隊したシンドンがゲストで出演した。

シンドンはこの日「TVの再視聴で一番たくさん見たのは、ガールズグループのRed Velvet」と述べ関心を引いた。続けて「僕の理想のタイプに近いメンバーはウェンディさん」としながら「賢母良妻スタイルのようだ」と説明した。

シンドンは「軍隊で一番悲しかった瞬間は、母親と通話した時だ。心当たりのない電話番号だったから、最初は拒否された」としながら「もう一度かけなおしたら声が涙ぐんでいる感じがした。僕も涙が溢れ出た。本当に泣いた」と回想した。

シンドンは、昨年12月23日に除隊した。