嘘こくなっ! 男性が「本当は料理してないんだろうな」と思う女6つ

写真拡大

毎日料理をしているアピールをしている女性を見て、男性は「本当はしてないんでしょう」と思っている場合もあるようです。実際、図星でなことも多いもので、一体どのような点で見破っているのかが気になりますよね。果たして、男性たちは女性のどのような言動から「コイツ本当は対して料理をしてないな」と見ているのでしょうか? こっそり聞いてみました。

(1)コンビニ弁当にくわしい

・「お昼は弁当ではなくコンビニのもの。朝忙しくて時間がないから作れない、というのは言い訳のように思う」(34歳/情報・IT/営業職)

・「なんだかんだでコンビニの弁当にくわしい」(38歳/学校・教育関連/専門職)

普段から料理をしている女性は、自炊をしているはずだから、コンビニ弁当はあまり利用しないはずだという意見。朝、時間がないという場合でも、前日の夜の残りを詰めればよいのでは? と思っている男性が多く、言い訳にしか聞こえないようです。ランチの時間、あなたが何を食べているかしっかり男性は見ているようですよ!

(2)SNSは外食の風景ばかり

・「SNSに外食ばっかり上げてる」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「料理好きという割にSNSの写真が外食ばっか」(32歳/その他/事務系専門職)

SNSに上がっている写真が外食ばかりだと、本当は料理なんてしてないんでしょ? と思われているかもしれません。外食時の写真のアップをやめ、自炊の料理もアップするなどバランスを取ると怪しまれない!? 実際に外食ばかりなら……潔く諦めましょう(笑)。

(3)料理の名前を意外と知らない

・「食事に行って料理名を知らないことが多い人」(39歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「料理の名前をほとんど知らないとか、切り方が下手くそとか」(30歳/商社・卸/営業職)

フランス料理など馴染みのない料理の名前を知らないのは仕方がありませんが、家でも作れるようなごく普通の料理の名前も答えられないとなると、ちょっと怪しい? せめて和食くらいは簡単に応えられるようにしておきたいものですね。

(4)包丁の使い方が危なっかしい

・「包丁の扱い方が、ぎこちない」(33歳/機械・精密機器/その他)

・「包丁の使い方が危なっかしい」(39歳/その他/営業職)

普段から料理をしている女性であれば、包丁は難なく使えるはずです。しかし、いざ料理をしようとしたときに、危なっかしい持ち方や切り方をしていたら、男性はあれ? と思うようです。いざというときに、この差はでますよね。

(5)ネイルをデコりすぎ

・「ゴテゴテのネイルをしている、そんな爪でできるわけない」(36歳/商社・卸/技術職)

・「ネイルがギラギラに付いてる人。料理してる人なら、邪魔になるだけなので、ネイルアートなんてしないだろうなと思います」(39歳/機械・精密機器/技術職)

身だしなみ程度のネイルはいいとしても、あまりにもゴテゴテに飾られていたり、長すぎるネイルだと、料理をしていないと思われてしまっても当然。また、料理をしている女性であっても、このようなネイルをつけたままで食材を触らないでほしいと思っている男性は少なくないはずです。

(6)料理の具体的な話ができない

・「ある程度の料理の話にはついていけても、具体的な話になるとだんまりになる」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「レシピの話がでたときにとっさに調味料の比率などが言えない人は、料理をやってないと思う」(39歳/警備・メンテナンス/営業職)

レシピ本を見ながら料理をする女性も多いため、調味料の比率を暗記できていない人はいるかもしれませんが、調理方法などに具体性がなく、料理に関して上っ面の情報しか答えられないような場合は、怪しまれてしまう可能性があるようです。慣れていないことがバレバレですね。

<まとめ>

料理ができる女性は男性からのウケがいいため、本当はあまり料理をしない場合でも、ついつい盛って話をしてしまうことはありますよね。しかし多くの場合、そうした嘘は男性に見抜かれていることも多いほか、いざというときに墓穴を掘ってしまうことも! 日ごろから作る努力が大切ですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月6日〜2016年12月7日
調査人数:377人(22〜39歳の男性)