VIXX ラビ、初ソロミニアルバム「R.EAL1ZE」視聴公開…独特な世界観を醸し出す

写真拡大

VIXXのメンバー、ラビが初のソロミニアルバム「R.EAL1ZE」を視聴できる映像を公開した。

ラビは3日0時、VIXXの公式SNSで新譜「R.EAL1ZE」全曲の一部を試し聞きできるプレリスニング映像を掲載。

映像には、前回ベールを脱いだ先行公開曲「私一人で家に(feat.ジョン・ヨンファ)」を含み「R.EAL1ZE」に収録された7曲のハイライトが全て公開されている。

ラッパーのSan.Eが手掛けたタイトル曲「BOMB」は、繰り返される歌詞と中毒性のあるリフレインで炸裂するエネルギーを発散。この他にも、VIXXのメインボーカルであるケンが参加した「Rose」、軽快なエネルギーが溢れる「Ladi Dadi」と強烈なEDMサウンドの「Do The Dance」など、それぞれ20秒ほどの短い時間だが、曲のスタイルと雰囲気を感じることができるハイライト映像で、アルバムに関する全体的な色を見せた。

ラビはデビュー後、初めてリリースするソロミニアルバム「R.EAL1ZE」で、ジャンルの限界のない多彩なサウンドと、ラビにしかない独創的な雰囲気を感じることができる曲をリリースする予定。

ラビのソロミニアルバム「R.EAL1ZE」は今月9日に発表される。