資料写真

写真拡大

(台北 3日 中央社)北東からの季節風が強まった影響で3日の台湾は北部を中心に天気が崩れた。中央気象局によると、4日にも天候が回復し、7日までは過ごしやすい陽気が続くものの、8日以降季節風が再び強まり、肌寒さが戻ってくる見込み。

穏やかな天気となった2日は、各地で最高気温が25度を超える夏日となった。

3日は北部と東部で雲が多くなり、局地的に雨が降る恐れがある。中南部では曇りまたは晴れとなる予報。気温は北部と北東部で24度前後、中南部と花蓮、台東で25〜27度。

4日から7日にかけては天候が回復し、日中の最高気温は26〜28度前後となる見通し。8日以降は北部や東部で雨が降りやすい天気になるとしている。

(編集:齊藤啓介)