海外掲示板に「ブリザード(猛吹雪)の日に駐車していたら、車がワープスピードに入っていた」と主張する人がいました。

いったい何が起こったというのでしょうか。

写真をご覧ください。

 

When it's so blizzard your parked car goes into warp speed


なんとっ!?

なるほど、これはワープしているようにしか見えません。止まっているのに、異次元空間に突入している感が半端ないです。

この車に対する、海外掲示板の感想をご紹介します。

●これはすごいブリザード。

↑今テキサスのど真ん中で立っているけど、外の気温は24度だ。

●ちゃんとワイパーを上げているのは、よかった点だ。
[画像を見る]

↑「おい、少なくとも自分のワイパーは凍ってないぜ」

●トウゾクカモメみたいだ。
[画像を見る]

●なんてこった、これってもしかしたら、雪落としをせずに車を運転してはいけないルールの唯一の例外かもしれない。
なんてクールなんだ。でも真面目に言うと、やっぱりそれをしてはいけない。

●そのまま運転したらどれくらいこの状態をキープできるかな。

●この車はおそらくレッカー移動されずに済む。

●「1.21ギガワットだ!」
(映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンがタイムトラベルをするのに必要な電力)

●「光速運転の準備をせよ」
「ダメだダメだ、光速では遅すぎる」
「光速が遅すぎるだって!?」
「超光速に一気に入らなければいけない」


大雪のときにワイパーを上げておくのは基本だそうですが、ブリザードのときにも役に立つようです。

それにしても、いったいどれだけの猛吹雪だったのでしょうね。

【「ブリザードが吹き荒れる日に駐車すると…ワープスピードに突入する!」証拠写真がこちら】を全て見る