今年は国産の新車が不作……というかあまり発表されなかったのですが、そのなかでひときわ目立ったのがインプレッサでしたよね。クルマとしてはすっごく地味で、フツーのセダンとフツーのステーションワゴンじゃないデスか、いつもならあまり話題をかっさらうようなタイプじゃあナイって感じです。

1

ところがそのクルマが評価されちゃったワケです。コレって素晴らしいことだと思われませんか? セダンとかワゴンって、メディアのなかでは輸入車だと取り上げられて目立つ存在になりがちなんですけど、このインプレッサはひと味違いましたよね。各種メディアでインプレッサは大いに取り上げられて、まるで輸入車みたいだったじゃあないですか。

ウレシイですよねー。ねえ。だってクルマとしての基本とも言えるセダン、そのセダンから派生したワゴンでニッポンのクルマが大いに評価されちまったんですから。

そして徹底的な安全性の追求。コイツを無視するわけにはいきません。バージョン3になったアイサイトに歩行者エアバッグを全車に標準で装備しちゃう大盤振る舞い。感動ものでございます。

インプレッサにはスバルグローバルプラットフォーム(長い!)と言われる新しいプラットフォームを使うクルマです。そしてそのスバルグローバルプラットフォームが非常に高い性能を披露しました。今後登場するスバル車への期待もふくらみ続けちゃうワケです。

さて、次点のプリウスですが、こちらも新しいプラットフォームであるTNGA(ティー・エヌ・ジー・エーですよ、「テ○ガ」じゃあないからね)を採用して、先代からバツグンの進化度を達成しているのがスゴイ感じ。PHVが間に合えばもっと高配点だったかもねえ、、、、。

ベンツのEクラスとアウディのA4シリーズは、これはねえハズせない感じの出来のよさなんでございます。何てったって世界のドイツ車ですから。値段を考えなければすんばらしいクルマです。

で、忘れちゃあいかんのがルノートゥインゴですわ。こんな小っさい後輪駆動車、たまらんです。ジムカートとかで走らせたいでしょ……ね、みんな。転んじゃうかもしれないけど。

(才木 達夫)

【クリッカーオブザイヤー2016】不作?の中でもインプレッサが最高得点となったわけは?(http://clicccar.com/2017/01/03/432004/)