2日、年越し番組に出演した女優チャオ・リーイン、男子卓球の五輪金メダリストの張継科選手が、「完全に口パク」とネット上で話題になっている。

写真拡大

2017年1月2日、年越し番組に出演した女優チャオ・リーイン(趙麗穎)、男子卓球の五輪金メダリストの張継科(ジャン・ジーカー)が、「完全に口パク」とネット上で話題になっている。網易が伝えた。

【その他の写真】

若手女優チャオ・リーインと、リオ五輪で団体金メダルに輝き、イケメンアスリートとして人気を誇る張継科が12月31日、東方衛星テレビの年越し番組に出演。甘いムードでデュエットを披露し、張継科がチャオ・リーインをお姫様抱っこするなど、視聴者をドキドキさせる演出が好評だった。

しかし放送直後から、「2人は明らかに口パクだった」とネット上で話題に。その「口パク」ぶりは、よく見てやっと分かるようなレベルではなく、歌声と口の形が明らかに合っていない場面が多かったという。

ネットユーザーからは、「口パクにしてもひどい」「レベルが低すぎ」と批判の声が上がる中、一部からは「2人の本業は歌手じゃない」「娯楽番組に完璧を求めなくていい」と、擁護の声も。さらに、「何もかも局側が悪い」「口パクとバレバレの映像を作るなんてプロ意識が低い」などと、東方衛星テレビに批判と不満をぶつける人も多い。(翻訳・編集/Mathilda)