子どもが行う瞑想の効果は大? 成績向上やADHDの症状改善も

写真拡大

瞑想と子どもの脳の発達の関係についての研究は、大人の脳との関連性についての研究ほどは進んでいない。だが、マインドフルネスの練習を含め、子どもたちにとっても有効であることを示すいくつかの調査結果が示されている。

大人たちにとって永遠の心配事の一つは、子どもに注意力があるかどうかだ。2004年に発表された研究結果では、 注意欠陥/多動性障害(ADHD)と診断された子どもたちのうち、親と一緒に毎週2回の瞑想のクラスに参加し、自宅でも瞑想を行った子は、学校でも集中力などの向上が確認されたという結果が示されている。

また、マインドフルネスに基づく「子ども向けマインドフルネス認知療法(MBCT-C)」を受けた子どもたちにも、注意力の向上と行動に関する問題の改善、(不安レベルが非常に高かった場合の)不安の軽減といった結果が見られた。さらに、2013年に公表された研究結果によれば、ADHDの少年たちに8週間にわたってマインドフルネスの練習に参加してもらったところ、大幅な過活動の改善・集中力の向上がみられたという。

出席率と成績が向上

学校で行う瞑想は、教師らが望む「成績と出席率の向上」という結果をもたらす可能性がある。これについては、その効果を示す事例証拠、科学的証拠の双方が得られている。カリフォルニア州のある学区では”リスクの高い”学校の一部を対象に1日当たりの授業時間を30分延長し、毎日瞑想を行ったところ、良い結果がみられた。ただ、こうした結果をより深く理解するためには、今後さらなる研究が必要だ。

精神的な健康の促進

明らかな心的外傷を負っている子ども以外の場合には大人と同様、瞑想によって精神の健康状態が全般的に向上することが分かっている。

この分野に関する研究はまだ始まったばかりだが、小規模な調査ではあるものの、前述のMBCT-Cに関する調査では、不安度が高い状態から治療を開始した子どもたちでも12週間後には、不安による症状の改善がみられた。その他、放課後に行うヨガと瞑想のクラスに参加することで、子どもたちの幸福感が増し、リラックスできるようになったとの研究結果もある。

そのほかヨガについては、子どもが体育の授業だけに参加していた場合に比べ、不安やうつ、疲労感に軽減や改善がみられたとの報告がある。

10年後までにはより多くの研究が行われ、これらの練習を幼児期から行うことが子どもの気分・不安障害の治療にどのように役立つかについて(少なくともその他の治療法の補助的なものとしての効果が)、明らかにされていくだろう。

自己認識と自己調整

マインドフルネスは「自己認識」と密接に関連している(その定義であるともいえる)。そして、その中には自然と、「自己調整」も含まれてくる。つまり、その時々(今この瞬間)における自分の思考プロセスや反応をより明確に自覚できるようになれば、自分の感情や行動をよりコントロールできるようになるということだ。自分自身の内面をコントロールすることを学び始めたばかりの子どもたちにとって、これを実践する方法を学ぶことは大いに役立つと考えられる。

ある研究結果によれば、8週間にわたって週2回の「マインドフル・アウェアネス・プラクティス(MAPs)」を練習した子どもたちは、脳の実行機能が向上した。別の研究では、マインドフルなヨガを練習した子どもたちは、長期間(調査期間は1年)にわたって自己調整能力が向上した状態を維持することができたことが確認されている。

社会性・情緒面の発達

子ども向けのヨガクラスを運営する「ヨガ・フォー・クラスルーム」のリサ・フリン最高経営責任者(CEO)は、「子どもたちの幸福感や回復力が全般的により高くなるとの研究結果は、驚くものではない。(ヨガをする)子どもたちには明確な自己意識がある。そして、自分の周りにいる他者や自分を取り巻く世界とのより深いつながりを持ち、それらを尊重している」と話している。