子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥・素子!

僕のパソコンには「素子」というフォルダがあります。素粒子とかそんなモノではなく、非常に悲しい、女の情念が詰まったフォルダです。最近はすっかり干上がり、錆びつき、むしろ封印されつつあるフォルダです。素子はもはや男にモテようともしていないし、結婚への意欲もない。もう「更新終了」のタグをつけてもいいだろう…そんな気持ちで眺めるだけのフォルダです。

【※以下、熟練の読者にだけわかるテンプレ/長いので読み飛ばし推奨】
●ソウル五輪でメダルを獲るために男と別れ、バレーに青春を捧げるも、本当に青春を全部捧げてしまい(しかもメダルは獲れず)、当時のことを振り返りながらテレビでプリンセス・プリンセスの「M」を熱唱
(どうもこんにちは、素子フォルダです)
●ドッキリ番組でニセ合コンをセッティングされたところ、年下の貧乏男子に「お金はダメ!お金を渡すと男の人はダメになる」と持論を講釈しながら、何万円分もの商品券を渡す
●社交ダンス番組でキレイな自分を表現するつもりが、どういうわけかパートナーの男性ダンサーを持ち上げる荒技を披露
●テレ東の番組に出演したところ、大橋アナから「大林さんだって結婚できますよ!」と根拠のない励ましの言葉をいただく
●「おブスな芸能人を美女に変身させる」との触れ込みの企画に登場し、各界のカリスマの手を煩わせるも、真っ白く塗りたくっただけの素子が完成
●整形外科医に「217万円で松たか子になれるよ」と言われたが「身長だけはどうにもならないね」と匙を投げられた
●身長がデカすぎるため苛められた小学生時代、母親は「あなたは普通の人とは違う。自分の特技を見つけなさい」と励ましてくれたが、中学三年生で身長が180センチを超えると、母親は「成長を止めるクスリ」を病院に探しに行った
●番組の企画で男子大学生とデートした素子は、服・高級焼肉などをさんざん貢いだあげく、番組を忘れてホテルに連れ込みそうになる
●「素子のおっぱいを見せてもらう」というおっぱいバレー的な企画で、「この程度のおっぱいなら5000円で」とリアルな金額交渉をされる
●「背の高い女性が好き」という話だったのでスリムクラブ真栄田さんと合コンをしたが、「喫茶店で温かい飲み物を注文したらマグマが出てきた」と評され合コン失敗
(世間ではこういう話題そのものが不謹慎な世の中です)
●バレー大会の告知のためにジャニーズの若手「SexyZone」とミニドラマで共演するも、話の内容は「デカすぎてモテない素子をどうにかする」という自虐ネタで、無駄に「キリンお化け」呼ばわりまでされる雑な扱い
●最新のクルマをレポートする番組で、「私は身体が大きいので大きいクルマがいいです」と言ったところ、日本の道路は走れない鉱物輸送用のトラックをオススメされる
●全国の独身女性1万人へのアンケートから明らかになった「結婚できない女性の条件20」のうち、14項目に当てはまった素子は「結婚できない女性芸能人第1位」の座を獲得。江角マキコさんから「(これまでの男たちは)大林さんに集まってたんじゃない。お金に集まってたんです」と強烈なスパイクを浴びせられる
●素子を中谷美紀に変身させるというカリスマメイクアーティストが登場。今度こそはと期待すると、カリスマは医療用のテープを取り出し、素子の顔面にペタペタ。医療用なので12時間くらい保つという高性能テープで、顔面土木工事を行なった素子が完成
●写真週刊誌にホテル御曹司とのゴルフデートを激写された素子。当然と言えば当然だが、相手の経営するホテルにも2泊する「ホテル泊熱愛」で世間を騒然とさせる。いっちょ前に熱愛謝罪会見まで開くも、4、5回飲んだ程度の関係
●バレーボール・ロンドン五輪世界最終予選の告知番組に出演した素子。ショートコントの一部ではあるものの、「若い男に長い首をまきつけて絞め殺す」「若い芸人を見ると興奮して毛穴から緑色の汁を吹き出す」「朝起きるとクチからオッサンの匂いがする」などの地味にクリティカルヒットする悪口を次々に浴びせられる
●淡路島のホテル御曹司と交際中と噂の素子は、淡路島観光PRの一環として行なわれた「はも道中」なるイベントに参加。「洲本温泉女将の会」の一員として甲斐甲斐しく働くも、ニュースでは特に有名人として紹介されることもなく、単に「デカイ女将」が見切れただけ
●自称身長176センチのBerryz工房・熊井友理奈さんと共演。デカイことでの悩みなどを大いに語り合うも、視聴者は「やはり問題は身長じゃなかったんだ」という現実を再確認。しかし素子は諦めきれない夢を抱き締めて、デカモニ再結成を熊井ちゃんに持ちかける
●ワイドショーでお噂のホテル御曹司との交際がホットな素子。お相手の経営するホテルが「海月館」ということもあって、素子はテレビでクラゲ好きを猛アピール。クラゲのヌルヌルした口に指を入れながら「あー!あー!」「気持ちイイ!」「何このヌルヌル感!」などとエロティックな嬌声を上げる
●クリスマスなのに彼氏がいない女性芸能人を集めた番組で、飢えた素子は「クリスマスはもちろん、やっぱり年が変わった瞬間は交わっていたい」と大胆発言。その年のクリスマスを諦めるのは「当日」などと年末年始に賭ける執念を見せた
●テレビの人生相談番組に出演した素子は、「おばさん何言ってんの?」「一生、独身でいなさい」などの身もフタもないアドバイスをもらう。ついには11歳のはるかぜちゃんにまで「目の前にいる相手は自分の鏡って言葉があります(ω)」「まず自分が変わらなきゃいけません(ω)」と人生ごと立て直す感じのアドバイスをいただく。リアルな目線は素子が上でも心の目線は素子が下
●スマップとコントで共演した素子は、スーパーお金持ちの彼女役を演じ、家具屋で高額のお買いものをする芝居を披露。しかし、お金持ちの彼女ではなく、「新しい女装家」「女装した大林素子」「タンス」などと見間違う人が続出。演技力よりもスケール感を評価される結果に
●さまざまな年齢層の女性タレントが集い結婚・恋愛話をするという企画のテレビ番組に出演した素子。共演者がウェディングドレス姿で集っている中、「あれ?カーテンが動いているな」と思ったらウェディングドレス姿の素子だった
●未婚芸人として仕事をしているつもりが、もはやその辺は既定路線ということで世間の評価も固まり、ついに「結婚できないことは大前提として迫りくる孤独死という現実とどう向き合うか」というテーマでの番組出演オファーが届く
●人生をしくじった人が自らの体験を教訓として伝えるという番組に、「結婚できなかった私のしくじり人生」という精神的に厳しいテーマで出演した素子。素子は若手女子タレントのキッツイいじりにさらされながら、「結婚したいなら夢を捨てろ!結婚したいなら友だち捨てろ!」とシュプレヒコールをあげた
●心斎橋の大丸がお正月のダメモト企画として、大林素子福袋を販売。購入すると30名限定の大林素子バレー教室に参加でき、楽天販売参考価格7560円相当のボールがもらえる(※素子が名前記入済み・中古品)というスペシャルな逸品となった。ちなみに、福袋の販売価格は1万円。
●職業の秘密をぶっちゃけるという番組に出演した素子は、現役当時、女子選手の尻を狙うスケベカメラマンを喜ばせるため、ノーパンでお尻がハミ出すハイレグブルマを着用していたことを告白。秘密というか軽めの公然猥褻罪みたいな情報をぶっちゃけた
●「レンタル彼氏」なる新サービス業の体験レポートを行なった素子は、当初2時間の予定だったものを、1時間6000円の延長代を繰り返し支払って都合5時間のお楽しみ。レンタル彼氏に自分の財布をあずけ、自分の財布から出てくる金でレンタル彼氏にカバンを買わせ、「買ってもらっちゃったー」と大ハシャギする一幕も。
●TOKIOの山口達也さんの奥さんの顔写真がネットに流出し、それを見た世間が「大林素子系美人!」と表現。するとさらに世間から「大林素子は美人じゃないだろ!」という総ツッコミが入り、完全に無関係のところで素子とばっちり。
●恋人たちが恋だ愛だとオネツを上げるクリスマスイブ、素子は人生初のインフルエンザを発症し、リアルに熱を上げる。その話題はネットニュースで「圧倒的な孤独」と評され、静かな話題に。
(そろそろブルーレイに移してHDDから消してもいいですかね)
●正月からテレビに引っ張りだこの素子は「他人から見て今イマイチな状況でもハッピーに生きている人たち」という失礼なコンセプトの番組に出演。女優になりたいという夢を改めて確認し、最終的にどうなりたいかという質問に対して笑顔で「大河!」と答える。
●事務所の方針か、セクシー独女路線を押してくる素子。ヒザ上20センチの超ミニスカートで「ネプリーグ」に登場すると、大画面に股間ギリギリのチラリズムを見せつけながら奮闘。競演した篠原信一さん(ゲス)からの「米倉涼子さんみたいですね」という褒め殺しを真に受けて、ちょっと上機嫌。
●世間がクリスマスイブにわいた2015年冬。もったいつけて「ご報告」などと言い出した素子が、イブの夜を持ち越して報告した内容は「声帯結節の手術をします」。もったいつけるなの声が世間から持ち上がるなか、実際の素子のイブの夜の過ごし方は「ニューハーフショーパブでのクリスマス会」。
●クリス松村さんとマレーシアに行くという旅番組のロケに参加した素子。現地の警察官をつかまえて「どっちの女性が好き?」と問い詰め、クリス相手に絶対勝てそうな勝負を仕掛けてみたところ「両方」と痛恨のドロー判定。
【※テンプレここまで】

そんな更新終了素子ですが、この年初にきてチョコチョコと動きが。関西方面で放映された「快傑えみちゃんねる」では、現役のスケベ日本代表の武田修宏さんから「乾杯でシャンパンを頼むような金遣いはやめろ」「淡路島の御曹司とかお金持ちと付き合ってるのかもしれないけど」「僕たちはいつまでも日本代表ではない」と指摘され、「別にいいでしょ、あなたに言われたくない」「タケチンとはどっちが先に結婚するか競ってるんです」「タケチンと結婚?老けたからイヤ」という花盛りの言い合いまで見せてくれました。久々に素子のモテネタネットニュースが出回る展開には、僕も新年からホッコリムードです。

↓新年から幸先がいい素子のモテニュース!

何か、寅さんが帰ってきたときの気分って感じだな!

元気そうで何より!

チャンスの法則 [ 大林素子 ]

価格:1,296円
(2017/1/3 05:09時点)
感想(0件)



僕は思うのですが、もしかして素子は「こじらせ女子」というポジションから「縁起物」のポジションへと移行しつつあるのかもしれません。正月だけ急に松とか飾るじゃないですか。それまでの360日くらい松のことなんてスルーしてるのに。そういう感じの巨大な門松…あるいはクリスマスツリー…もしくは初詣で待ち受ける観音様みたいなものに、素子はなりつつあるのかなと。

恋愛成就の神様がこの世にいるとしたとき、「不成就だけど楽しく生きたい」という願いを叶える神様だっているんじゃないか。そして、それが素子なのではないか。ちょっとした寺の薬師如来像よりもデカイ素子の存在感は、齢を重ねることによって、「ありがたい」という対象になりつつあるのではないか。正月になると出てくるという現象には、そんな予測を重ねたいと思うのです。

たとえばこの年末に発表された木村沙織さんの結婚。ブログで「結婚しましたー」とカジュアルに明かされた入籍は、すでに週刊誌報道などで周知のことだったとはいえ、年末のホットニュースのひとつでした。バレー関係者の結婚、それもバレー界イチの有名人で、素子とも縁の深い五輪関係女子の結婚です。これは一言触れずにはいられないのではないか。ついつい触れてしまうのではないか。リプライとかで「結婚しましたよー」とかウザイお知らせがきてしまうのではないか。僕もサオリンのことより先に素子のことが心配になるというクレイジーな反応をしてしまったのですが…

↓素子は「ガン無視」という神対応でノーダメージでホットニュースをやり過ごす!
<SNSで見る素子の年末年始の動き>

●12月30日
・八重樫東、井上尚弥らが登場するボクシング世界タイトルマッチを観戦。


●12月31日
・内山高志らが登場するボクシング世界タイトルマッチを観戦。まさかのボクシングハシゴ。


【※12月31日:サオリン入籍のご報告】

●1月1日
・年頭のご挨拶&大量のリプライへの返信
・映画監督の祭文太郎さんのブログ更新をリツイートでお知らせし、「素子が主演する学園コメディドラマ」なる謎の企画がスカパーで進行中であるとの情報を公開。

●1月2日
・毎年恒例のテレビ東京「新春!お笑い名人寄席」に出演。サイズを素子に合わせて新調した着物を身に着け、「サイズが合うって本当に幸せ!」と大歓喜。


触れる義理は一切ないけど、キレイに無視したな!

春高もあるし忙しいから構っているヒマはないのだ!

チャンスの法則 [ 大林素子 ]

価格:1,296円
(2017/1/3 05:09時点)
感想(0件)



そして素子はいそいそと仕事始めへと向かいます。1月2日、毎年恒例のテレビ東京「新春!お笑い名人寄席」に出演した素子は、「大物ゲスト」という触れ込みで早速新春の小ボケを披露。誰でもツッコメる程度のボケで、新年の茶の間にさわやかな笑いを生み出します。それでいて「毎年出てるんだからゲストじゃなくてレギュラーだろ!」という二段階のボケがある深みもまた、素子らしい向上心があってグッドです。

コチラの番組、何と言ってもお楽しみは素子が芸人とコラボして披露する新春生ネタです。一昨年はどぶろっくとコラボし、「もしかしてだけど、もしかしてだけど」「私にアタックしたいんじゃないのぉ?」のネタを披露。昨年は永野とコラボし、「フゥーーー!」「クリスマスより普通に節分が好きー!」のネタを披露。「マグロ特番」などと並ぶ、テレ東新春の定番ネタへと成長してきました。

↓昨年の永野とのコラボでは、永野を完全に食っていくアスリートならではのキレッキレのダンスを披露!


細々と生き残った「かくし芸」みたいなポジション!

新しいお笑いが出る⇒正月に素子がやるのこの流れ!

そして、今年はヒロシとコラボし、自虐ネタをやるといいます。新年から浅草の寄席に生出演し、舞台でお笑いネタをやってくれる意識の高いタレントが一体どれだけいることか。1回や2回なら勢いでということもあるでしょうが、素子は6年連続出演で3年連続コラボネタをやっているのです。ありがたいですね。「年末年始はハワイでアバンチュールを」などと言い出さない安定感のある女性タレント、大事にしたいですよね。

↓今年の素子はヒロシを差し置いてオチを担当!寄席の客を相手に大爆笑をとった!
<モトコ&ヒロシ&ハルカ(※春香クリスティーン) 新春コラボネタ>

●ネタ1:「彼女の携帯で自分の電話番号が取引先カテゴリで登録されていた」「彼氏はできたけど会ってくれない」というネタフリにつづけて
素子:「モトコです」
素子:「架空の彼氏はできたけど」
素子:「実際には会えません!」

●ネタ2:「1年前のハエがまだ部屋にいた」「部屋にキノコが生えていた」というネタフリにつづけて

素子:「モトコです」
素子:「白いジャージを着ていたら」
素子:「巨大なエノキだと言われたとです!」

●ネタ3:「たけし、さんま、ヒロシ…簡単な間違い探しです」「綾瀬・春香・クリスティーン…ちょっと言ってみました」というネタフリにつづけて
素子:「モトコです」
素子:「鹿島」
素子:「清水」
素子:「大林組」
素子:「ちょっと言ってみただけです!」

●ネタ4:「ハトがどいてくれない」「野良猫ににらまれる」というネタフリにつづけて
素子:「モトコです」
素子:「犬が電信柱と間違えます!」

架空の彼氏って土方歳三とかだろwww

五稜郭まで会いに行ってたじゃんwww

会えてる、会えてる!

チャンスの法則 [ 大林素子 ]

価格:1,296円
(2017/1/3 05:09時点)
感想(0件)



来年ははたして何をやってくれるのか。一年に一回の生存確認くらいの位置づけで、お笑い名人寄席の情報を素子フォルダに追加していく…そんなスケジュールを毎年の恒例行事としよう。結果的に毎年やってはいるのですが、意識的に予定に置いていこうと改めて思いました。「オリンピックに出たあと、最終的にお笑いネタを真剣に舞台でやる」という展開、よく考えたら素子が最後かもしれませんからね。来年は平野ノラさんあたりと、バレーボール本気芸人コンビとしてコラボしてもらいたいものです。

「おったまげ〜」「しもしも〜」「OKバブリ〜」は素子なら地でイケる!