特別なっ! 男性がドライブデートで「本命の女性だけにすること」6つ

写真拡大

男性にドライブデートに誘われたからといって、相手が自分のことを本命だと思っているとは限りませんよね。自分が本命かどうか、なるべく聞かずとも男性の言動で判断したいもの。今回は男性に、ドライブデートで「本命の女性だけにすること」を聞いてみました。

■丁寧に運転する

・「ものすごく丁寧に運転するようにしている」(25歳/アパレル・繊維/営業職)

・「発進、ブレーキを丁寧にします。常の運転でも心がけていますが、より心がけます」(27歳/情報・IT/クリエイティブ職)

免許を取っていても、運転が雑な人はいますよね。人を乗せているときはやはり安全運転を心がけたいもの。特に本気で好きな女性なら、自分の運転で危ない目に遭わせたくないものです。

■好きな音楽をかける

・「自分の好きな曲を車内で流すこと」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「好きな音楽をかけて、一緒に聴く」(35歳/小売店/営業職)

大好きな女性が助手席にいると、男性の気分も盛り上がるもの。自分の好きな音楽をかけて、よりテンションを上げて運転したいと考えるのかもしれません。

■女性がリラックスできる配慮をする

・「靴を脱げる足台をセットしてあげる」(26歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「隣で寝られても怒らないこと。逆に、いつまで寝かせてあげられるかがんばること」(37歳/医療・福祉/専門職)

助手席に座る女性は、長距離なら疲れてしまったり、寝てしまうこともあるでしょう。運転している自分よりも、女性が遠慮せずリラックスできるよう意識しているようです。

■食べ物や飲み物を買ってあげる

・「休憩中に飲み物や食べ物を買ってあげる」(24歳/建設・土木/技術職)

・「好きな食べ物をおごってあげたいね」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

ドライブデート中、好きな食べ物や飲み物を買ってあげるという男性も。よほど気の利いた人でない限り、特別な女性にしかしない行動ではないでしょうか。

■ブレーキをかけたとき、女性を守ってあげる

・「ブレーキをかけたときに前に行かないように手を当ててやる」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

・「ドライブデートの場合、急ブレーキの場合、左手で彼女の胸のあたりで守ってあげることです。普通の友だちなら、そういうことができないから」(29歳/印刷・紙パルプ/技術職)

運転中に急ブレーキなどをかけると、女性を危険にさらさないかヒヤッとしますよね。ブレーキをかける際は、本命女性のために気遣いをする男性が多いようです。

■手をつなぐ

・「やっぱり手をつなぐことですね」(37歳/建設・土木/事務系専門職)

・「手をつないだり、キスしたり。スキンシップ」(29歳/自動車関連/技術職)

車を停めたときなど、ドライブデートでも手をつなぐチャンスはありますよね。特別な存在だからこそ、手に触れたいと思うのではないでしょうか。

■まとめ

ドライブデートの際は、男性の車に女性を乗せることが多いでしょうから、本命の女性にはドライバーとして特別な気遣いをする男性が多かったですね。このような行動をされたら、彼にとって自分は本命だと信じていいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月5日〜12月8日
調査人数:156人(22〜39歳の男性)