「成功者に共通する8つの習慣」 自分を大切にすることも

写真拡大

誰からも例外なく、「成功者」とみられる人たちがいる。その業績は私たちに強い印象を与え、私たちはその経験から学びたいと思う。こうした人たちが共通して自らの成功の理由として挙げることには、次の8つがある。

1. 継続する

成功と機会は懸命の努力とよく似ている。自分が進めているプロジェクトに情熱を注いでいるなら、忍耐強く、ドアをたたき続ける必要がある、あるいは人と違う方法で、自分の考えを推し進めるための創造的な解決策を探し続ける必要がある。

2. 事前に計画

あらゆることに備えておくことはできない。だが、事前に計画することで、何をする必要があるのか、どのように行うのか、そして自分にとっての成功とは何か、成功をどのように評価するかなどについて、明確に捉えることができるようになる。

夜のうちに翌日の計画を立てておくというシンプルなことも、物事を整理し、翌日に向けて勢いを付けるための良い方法だ。

3. 失敗から学ぶ

失敗は、学び、そして自分自身や自分のやり方、効率を向上させるための素晴らしい機会にもなる。その点で、失敗にも良い面がある。カギは物事の見方にある。成功した人たちは「失敗」にこだわらない。他にどのような方法で取り組むことができたのか、新しい学びの機会をどのように将来に生かせるのかについて、分析を行う。

4. 自分の時間を持つ

「私たちは自分の”やることリスト”のもっと上の方に、自分自身(を大切にすること)を入れる必要がある」──ミシェル・オバマ米大統領夫人のこの言葉は、私たちの多くにとって真実味がある。私たちは、仕事のために自分自身を犠牲にすることが多いからだ。燃え尽きることなくやる気を維持するための秘訣は、「オン」と「オフ」のバランスを取ることだ。

5. 早起きする

早起きで有名な多くの人たちの中には、アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)やヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長などがいる。こうした人たちは皆、早起きすれば最も邪魔が少ない状態で一日を始めることができると述べている。

早く起きることで、仕事以外のことに使う時間も、家族と過ごしたり他のクリエイティブな計画のために使ったりする時間も取れるようになるという。

6. 運動と健康的な食事

体の活力は直接、心の活力になる。健康的に食べて毎日運動することは、気持ちをリセットして、一日の終わりまで集中力を維持するのに必要なエネルギーレベルを維持する良い方法だ。

7. 自身の成長に投資

テスラ・モーターズのCEO、イーロン・マスクは何年も、毎日少なくとも4時間を読書に当てていたという。「成功」の大きな部分を占めるのは、幅広い知識と経験があることだ。それにより、さまざまな角度から問題に取り組むことができるようになるためだ。達成したレベルを維持するため、彼らは生涯にわたって学ぶ機会を追求する。

8. 還元する

成功は何もないところから生まれるものではない。そこには必ず、支えてくれた人、信じてくれた人、導いてくれた人たちがいる。大きな成功を収めた人の多くは、そのことに対する感謝の気持ちを持っている。

彼らは指導やボランティア、慈善活動への参加に費やす時間やお金を惜しまない。自分の専門知識を共有することで、価値や充足感、さまざまな人たちとのつながりを実感している。