ジャニーズが生きるのは「借り物の場所、借り物の時間」か

写真拡大

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 借り物の場所、借り物の時間。

 これは1997年までイギリス領だった香港を、作家ハン・イースンが表した言葉です。かの地とそこで起こることは、ひとときの幻のようなものだと。

 アイドル、ジャニーズが生きるのも、「借り物の場所、借り物の時間」なのでしょうか。

 2016年12月31日、東京ドームでHey!Say!JUMPのコンサートが行われました。

 メンバーの山田涼介さんは、「僕たちHey!Say!JUMPは来年10歳になります! 10周年、20周年……30周年も、ずっと僕たちと一緒に歩いて行きましょう!」と挨拶し、末永くファンと共にあることを誓いました。

 数年で引退した、昭和のアイドル

 なるほど昭和のアイドルたちは、ほんの数年まばゆい輝きを放ったのち、静かに退いてくれました。

 でも時代は平成の世。

 2017年で言えば、前出のHey!Say!JUMPは9月にデビュー10周年、A.B.C-Zは2月に5周年、彼らの先輩たるKinKi Kidsは、7月に20周年を迎えます。

 しかし彼らの誰も、「そこそこ長いことやらしてもらったし、そろそろ……」みたいなことは言い出さない。

 むしろ彼らが言ってくれるのは、「これからもずっと愛し合おう!」といった穏やかなエンゲージ。

 ジャニーズが、借り物の場所、借り物の時間に生きる“うたかたの王子”だった時代は死にました。今彼らは、まごうことなきうつし世の王子として、私たちに寄り添っていてくれます。

 Hey!Say!JUMPが“30周年”を迎えるころ、メンバーは40代になっています。ちょうど今のSMAPと同じ年頃くらいでしょうか。

“大人になっても現役”の道を拓いたのはSMAP

 大人になっても当たり前のようにそこにいて、同じ時を刻む存在であること。その礎を築いてくれたのは間違いなくSMAPです。

 年が明けても、胸を占めるその存在感はいや増すばかり。今しばらく“凪”のときがあっても、また彼らに始動の機が来ることを願ってやみません。

 SMAPが道を拓いたから、後輩たちが後に続ける。

 ジャニーズのみなさんには、日本女性を支える生涯現役王子として、いつまでもその笑顔を見せてほしいものです。永遠に、永遠に。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ひみつのジャニヲタ』(青春出版社)他。Twitterアカウント:@mikiru。公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』