高齢化で減少…クマ猟解禁もハンターが「絶滅危惧種」との声

ざっくり言うと

  • 20年ぶりに解禁したツキノワグマ猟は、思ったほどの成果が上がらなかった
  • 長年の禁猟により、猟友会でクマ猟経験のあるハンターが少なくなったという
  • 高齢化でハンター自体が減少し、今や「絶滅危惧種」との声も上がっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング