北京の高級ナイトクラブ摘発で大量拘束

写真拡大

 中国の首都・北京の治安を守る北京市公安局(警視庁に相当)はクリスマスイブ前日の12月23日夜、違法売春を行っていた市内3か所の高級ナイトクラブを摘発し、数百人を拘束した。その後、逮捕者のリストが発表されたものの、そこに書かれていた名前は漢字ではなく、アルファベットで発音表記されたものだった。

 このため、逮捕者の中に、経済界の大物や党・政府幹部も含まれているのではないかとの噂が乱れ飛んでいる。米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「多維新聞網」が報じた。

 摘発されたのは保利クラブ、藍黛クラブ、麗海名媛クラブで、いずれも最高級のクラブ。ネット上では「保利クラブなどには、高級コールガールが常駐していることはよく知られていた。このクラブは値段が非常に高くて、政府高官や経済界の大物経営者が出入りしている。北京もすでに『淫都(淫乱の都市)』となっている証拠だ」との書き込みがみられる。

 市民の関心は誰が逮捕されたかだが、北京市公安当局が発表した逮捕者リストでは、漢字表記ではないため、人物の特定が難しいのも事実。

 そのなかでも、ネット上では、これらのリストから「経済界の著名人やネットで頻繁に登場する知名人士、有名な女優」らの名前を特定して掲示板に書き込むなどしており、特定された本人がネット上でその事実を否定するなど、騒ぎが大きくなっている。

 中国では反腐敗運動の一環で、今回の大規模摘発が行われたとの観測も出ている。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は北京市の中国共産党幹部の話として、「王小洪・北京市公安局長は習近平国家主席の腹心であることから、これは習氏の直々の命令で行われた腐敗摘発だ。今後、裏付け捜査を経て、数か月後に逮捕者の名前が明かされるのではないか」との見方を紹介している。

 一方、多維新聞網は北京市の名門大学の大学院生が警察官に撲殺されたとみられる事件が絡んでいると指摘。事件に関わった警察官5人が摘発前日の12月23日付けで不起訴処分になったことから、習近平指導部が市民の目をそらせるために、24日夜に売春取り締まりに名を借りて、大物幹部を摘発したように見せて、警察の威信を回復させようとしたのではないかと報じている。

 いずれにせよ、今回の摘発で、どんな大物幹部の名前が出てくるのか、北京市民は固唾を飲んで見守っている。仮に、竜頭蛇尾に終われば、市民の警察への不信ばかりか、習近平指導部への不信感が増幅するのは不可避とみられる。