おじいちゃんとおばあちゃんたちは生きてきた時代こそ違うものの、人生において根本的に乗り越えるべき困難は同じことを経験してきたはず。今回はそんなおじいちゃんとおばあちゃんに学ぶ、本当に使える人生のライフハックをまとめてみました。

すべてのことを個人の問題として抱え込まないこと

恋人、友だち、家族、職場の人との人間関係や趣味や仕事上の問題などを1人で抱え込まないこと。最終的に決断するのは自分自身だとしても、相談することで自分が考えすぎていることに気づいたり、今まで思いつかなかったようなアイデアに巡り合うことだってたくさんあるのです。問題を1人で抱え込まず、まわりに上手に助けを求めるようにしましょう。

同じ場所にじっとしていないこと

常に目標を持って行動するようにすること。大人になると誰かに「これをやりなさい」と言われ、背中を押されることが少なくなります。挑戦するのか、同じ場所にとどまるかは自分次第。同じ場所に留まると一見安定しておだやかな毎日を送っているように見えるものの、あるとき突然「ああ、あれをやっておけばよかったな」と後悔するときがやってきてしまったりするのです。
「時間があったらやってみよう」とか「お金がたまったらやってみよう」と挑戦を先回しにするのではなく、自分でデッドラインを決めて動きまわるようにしましょう。

すべては自分の姿勢次第であること

どんなシンプルな選択でも姿勢次第で壮大なチャレンジの場になるのです。なんとなく選んだ職場でなんとなく仕事をこなすこともできる一方で、なんとなく選んだ職場でも「ここでトップになる」という目標を持って仕事の望むのでは、あなたにとっての職場の環境がまったく変わってくるもの。どんな環境でも自分自身の姿勢を変えればワクワクする場所に変身するのです。

人生の優先順位を忘れないようにすること

死に際に「もっとたくさん働けばよかった」と後悔する人はほとんどいません。多くの人が「もっと家族と一緒に過ごせばよかった」「自分自身のために時間をもっと使えばよかった」と後悔するものなのです。仕事を頑張ることは良いことですが家族や友人、自分自身を仕事よりも上の優先順位に位置づけることを忘れないようにしましょう。

嫉妬心は人間関係を壊すということ

恋愛関係、友人関係、家族関係においても嫉妬心はつねに人間関係を壊す原因になるということ。大切な人を信じることを恐れないようにしましょう。大切な人すら信じることができないのであれば、誰を信じて生きていけばいいのかわからなくなりますからね。

あなたが何気なくやったことを人はよく覚えているということ

あなたに嫌な気持ちにさせられた人、あなたに親切にしてもらった人、すべての人たちがあなたの何気なくやったことをよく覚えています。つねに自分の行動に意識を持つようにしましょう。