2017年1月1日、錦繍山太陽宮殿を訪れた金正恩夫妻と党・内閣・軍の幹部ら(朝鮮中央通信)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が1日、新年に際し祖父・金日成主席と父・金正日総書記の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を参拝した。朝鮮中央通信が伝えた。

李雪主(リ・ソルチュ)夫人のほか、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長、朴奉珠(パク・ポンジュ)首相、崔龍海(チェ・リョンヘ)党中央委員会副委員長ら党、内閣、軍の幹部が同行した。

同通信が配信した写真を見ると、正恩氏はスーツにネクタイ姿。これまでの参拝では毎回、人民服姿で、スーツを着て訪れたのは初めてと見られる。また、普段はスーツ着用時にも左胸に付けている金日成・正日氏の肖像バッジを、この日は付けていない模様だ。