もったいないことした!! 男性が「別れて後悔した」元カノの特徴6つ

写真拡大

縁あってお付き合いをするようになったカップルの中には、残念ながら結婚に至らず、別れてしまう方々も数多くいます。しかし、人間とは厄介なもの。手放したあとに、「あぁ、あの子は本当にいい子だったなぁ」と気付いてしまうこともありますよね。世の男性たちに、苦い反省を踏まえ、「別れて後悔した女性の特徴」について語っていただきました。

■美人になった元カノ

・「久々に会ったらかなりキレイになってた」(34歳/その他/その他)

・「別れてからキレイになった」(37歳/印刷・紙パルプ/その他)

自分と付き合っていた当時よりも、さらに美しくなった元カノを見て、「もったいないことをした!」と思う男性もいるようです。もしも彼のほうから別れを切り出されていたとしたら、元カノとしては「してやったり」といったところでしょうか。

■手痛い言葉だったけど

・「ちょっと厳しめのアドバイスをしてくれていた女性。当時は少し腹が立ったが、今考えれば、ありがたかったと痛感する」(31歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

付き合っているときには、そのありがたみがわからなかった! なんてこともありそうですよね。自分の悪いところにも目を向け、率直に伝えてくれる人は少ないもの。その後の人生においても、「元カノならなんて言うかな?」なんて、つい考えてしまいそうです。

■自分をフッた女性

・「嫌いになっていないのに相手から別れを切り出された場合たいてい後悔している」(38歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「当然だがこちらはまだ付き合いたいけど向こうから振られたときはそう思う」(36歳/その他/クリエイティブ職)

恋の終わりは、相手のほうからやってくることもあります。この場合「別れたこと」よりも「別れに至った原因」について、後悔してしまうのでしょう。大切にしたい相手なら、後悔しないよう、常に全力で接するのがオススメですよ。

■周囲でも評判の?

・「別れた後別の男性の妻になって評判の良妻になった」(38歳/機械・精密機器/技術職)

噂話で聞こえてくる、元カノの近況! 幸せそうでよかったと安心する一方で、ほんの少しだけ妬ましい気持ちが混じってしまうのかも……!? 後悔しても、もうどうしようもないことです。よりステキな異性を見つけられるよう、がんばってください。

■仕事について

・「公務員で性格もいい人。結婚しても二馬力だしたまに思い出す」(31歳/自動車関連/技術職)

・「有名企業に正社員として採用された」(39歳/医療・福祉/営業職)

少々計算高いような!? リアルな意見も目立ちました。「彼女」と「結婚相手」とでは、男性が求める条件も異なるはず。結婚を意識するようになった今、女性に求める条件が変わってきているのかもしれませんね。

■最高の相性

・「笑いのツボや味の好みが似てる人は惜しいことをしたと思うときもある」(39歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「体の相性も性格も抜群だったが自分のミスで別れた」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

相性がいい相手とは、居心地のいい時間を過ごせます。いつしかそれが「普通」になってしまうことも多いのですが……失ったあとに、その重要性に気付くことも。こんな相手を見つけられたら、その希少性をしっかりと自覚するのがオススメですよ。

■まとめ

別れたあと、男性に後悔させられるのは、本当に「いい女」の証拠だと言えるでしょう。付き合っていた相手にフラれて最悪! なんて気分のときには、相手の男性を後悔させられるよう、前向きな努力を開始してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月19日〜2016年12月20日
調査人数:380人(22〜39歳の社会人男性)