マイケル・ジョーダンと言えば、「バスケットボールの神様」「エア・ジョーダン」などの異名を持つ、NBAの伝説的プレーヤー。

そのマイケル・ジョーダンと高校時代に対戦したとあれば、かなりの自慢になることでしょう。

ところが、実際に対戦した父親の写真が「自慢できるか微妙な気持ちになる」と主張する人がいました。

写真をご覧ください。

 

My dad vs. Micheal Jordan in high school


おお、若き日のマイケル・ジョーダン!

華麗にシュートを決めるその下で……ん?

勝負になっていないどころか、逆を向いちゃってる。

これはマイケル・ジョーダンがすご過ぎるのか、お父さんが残念なのか、何とも言えないところです。

この写真に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

●もし自分がその立場なら、壁のポスターにしてるよ。

↑自分はその投稿者の父親が高校の先生だった。彼はこの写真を教室の壁に貼っていたよ。ちなみに投稿者がメッセージをくれたが実際にその人だったよ。

↑これは本当なの?

↑(投稿者)本当だよ。27年ほど先生をしている。

↑こういう掲示板の小さな世界観が好きだ。

●「やつは後ろにいるんだよな?」

●もう何が起こっているかわかっていたんだ。だからもうブロックするより反対側を向いて、マイケル・ジョーダンの宣伝マンになることにしたんだ。

↑実際は腕をパタパタさせてるんだ。絶対にそんな高くはジャンプできないので、もう飛ぶことにしたんだ。

●これにかなり似てる……。
[画像を見る]

●「もうオレは、どうやって対抗したらいいんだ」

↑彼は飛んでるじゃないか、どこへ行ったんだ」

●誰かこのプレイが、何がどうなっているか図に描いて欲しい。

↑思うに、投稿者の父親はマイケル・ジョーダンをガードしているわけではなく、写真の左にいる選手をガードしている。そこへジョーダンがディフェンスを破っていき、投稿者の父親は振り返るのが遅れたのだと思う。


実際は他の選手をマークしていたと思われます。

でも相手がマイケル・ジョーダンで、この表情だとコミカルに見えますね。

【「マイケル・ジョーダンと父親が高校時代に対戦していた証拠写真…これって自慢できると思う?」】を全て見る