男性が本命にしたい「育ちがいい女子」の条件6つ

写真拡大

「育ちのいい女性」に憧れている人も少なくないと思います。実際に、育った環境が理想的なものでなかったとしても「育ちがいい」と思われるような立ち居振る舞いをしたいもの。ところで、女性と男性とでは、「育ちのいい女性だな」と思うポイントは異なるのでしょうか?

<女性の場合>

■食事の仕方

・「食事の際の基本的なマナーができていて、食べ方がきれいだと、きちんとしつけをされてきたという印象に映る」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「お箸の持ち方が正しい人。お箸の持ち方がおかしい人はどんなに美人でもダメだな」(37歳女性/農林・水産/その他

テーブルマナーは、その人が家庭で一体どんな食事の仕方をしてきたか、如実にわかるもの。一緒に食事をしていて、「汚いな」と感じる相手を「育ちがいい」とは思わないでしょう。

■言葉遣い

・「言葉遣いがきれい。汚い言葉を使わない」(26歳女性/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「イラ立ちを感じる場面でも、言葉が汚くならない」(30歳女性/その他/その他)

言葉遣いも、育ちがいい人は、きっと親に厳しくしつけられてきたはず。汚い言葉を言ってはならない、と彼女たちは小さな頃からわかっていたのでしょうね。

■清潔感

・「清潔感がある人。ハンカチを持ってる、服にシワがない、靴カバンがきれい、髪をちゃんとメンテナンスしてる人」(34歳女性/その他/その他)

・「清潔感があり、言葉遣いもしっかりしていて姿勢がきれい。頭がいい」(25歳女性/その他/その他)

育ちがいい女性は、きっと身だしなみにも気を使っているでしょうから、不潔な装いなど決してしないでしょう。いつでも生活感を保っているでしょうね。

<男性の場合>

■思いやりがある

・「人のことを思いやれるかどうかが行動で出てくるところ」(39歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「気が利いて、優しくて思いやりがある」(39歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

情操教育をしっかり受けているからこそ、他人に対して思いやりをしっかり持てるのかもしれません。他者に対し、攻撃的な言動を取る人は、正直言って、いい印象を受けませんからね。

■コミュニケーションの仕方

・「誰に対しても親しげに接してくる女性のこと」(21歳男性/その他/その他)

・「節度を守って相手に接することができる」(33歳男性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

なれなれしいのではなく、ほどほどの親しみを感じられる接し方、社交的な振る舞いができるのも、育ちの良さゆえでしょう。育ちが良くないと、人見知りをしてしまいがちなのかも……。

■物を散らかさない

・「脱いだものを畳んだり、片付けができると育ちがいいと思ってしまう」(22歳男性/その他/その他)

出したらしまう、汚くなったら掃除する、基本的な行動ですが、そういうことにルーズな人もいます。ルーズにならず。きっちり片付けるところが、育ちの良さを現していますね。

■まとめ

女性はその人の日常的な動作を見て、育ちの良さを判断するのに対し、男性は、他者との接し方で育ちの良しあしを判断するようです。男女間で、見るポイントは違うようですね。双方から「育ちがいい」と思われるためには、男女両方の見ているポイントを意識する必要があります。「育ちがいい女性」を目指す人は、そのポイントを忘れずに振る舞いましょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数405件(22歳〜39歳の働く男女)