うわぁぁぁっ!! 「理想の結婚はムリだ」と思った瞬間・6選

写真拡大

夢に出てきた理想の王子様が現れて、幸せな結婚をするものだと思っていたころもあったはず……。現実にそんな人は現れないと知ったときは、既に結婚適齢期をすぎていることもあるのでは。理想の結婚はムリだと思った瞬間を、働く女性に本音で答えてもらいました。

■まわりの夫婦がうまくいっていないとき

・「仲がよかった友人夫婦が離婚寸前と相談を受けた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「みんなに理想のカップルだと言われた夫婦が2年で離婚したとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

理想的と言われた友達夫婦がダメになっていくのを見ると、結婚に対して理想を描かなくなってくるものです。理想と現実はちがうことを目の当たりにすると、地に足のついた結婚を考えるようになるかもしれませんね。

■容姿に自信がないとき

・「自分の容姿に自信がないときすべて」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分はかわいい訳でもないし、何か秀でたものがある訳でもないので、もともと理想というのはない」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

自分自身の容姿に自信がないと、どうしても理想の結婚はあきらめようと思うものかもしれません。自分のスペックを知ることは、結婚相手を見つけるうえでは大切なことですよね。

■理想的な相手がいない

・「周囲に理想の結婚相手がいないとわかったとき」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「まわりに理想的な人がいない。年をどんどん取って焦るから」(29歳/不動産/事務系専門職)

理想的な相手がまわりにいないと、結婚のチャンスも巡ってこないもの。あまりにも条件をつけすぎてしまうと、理想的な相手も見つけることができないかもしれませんね。

■彼氏の年収を知ったとき

・「彼氏の年収を知ってしまったとき。自分も働かなくてはと思った」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼氏の年収が恐ろしく少ないというときに、理想の1,000万の生活はできない」(22歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

付き合っている彼氏の年収を知ってしまうと、結婚に対する理想がなくなってしまう人もいるのでは。一気に現実へと引き戻されてしまいそうですね。

■理想としていたものが高望みすぎる

・「理想は顔・学歴・身長・年収・性格がオールクリアな人。ただし、この5種類を全部クリアできる人はめったにいないから」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「理想が高すぎると気づいたときかな」(26歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

自分の理想が高すぎると、いつまでも相手を見つけられないこともあるもの。ある程度、妥協をしないと、結婚相手は見つけられないのではないでしょうか。

■友達の結婚を見て

・「男性に対する理想が高かった友達が結婚した相手を見て。理想通りの結婚はしょせんムリなんだなと感じたから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「友達で、すごい理想の高い子がいたけれど、結局いろいろなことを妥協して、平凡な人と結婚しているのを見たとき」(30歳/学校・教育関連/専門職)

理想の高い友達が、ごく一般的な結婚をしたときに、初めて理想と現実はちがうものと気づく人もいるようです。マンガやドラマを見すぎていると、現実が見えなくなってしまうかもしれません。

<まとめ>

理想を高く持つことは決して悪いことではありませんが、それにこだわりすぎてしまうと、結婚できなくなってしまう可能性も高くなりますよね。逆に相手への最低限ラインを決めておけば、出会いのチャンスも広がるものではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜2016年12月18日
調査人数:102人(22〜34歳の働く女性)